バイクカバーって必要!?私のおすすめバイク用品

私のおすすめバイクカバー

バイクカバーって必要ですか??

「バイクカバーって要るの?」
実際に、私の奥さんにも聞かれたので、経験上申し上げます。

バイクカバーは要ります。

ぶっちゃけ、無くてもなんとかなりますが、真面目な話、よほど環境に恵まれていない限り、あった方が良いです。

そして、私のおすすめのバイクカバーは、コレです。

HarmonyBikeさんのバイクカバー。

奥さんのジクサー用に1枚買って、後に自分のNC750S用に1枚。
さらにその後APE100DX用に買い直した1枚の、合計3枚を所有しています。笑

この3枚全てをアマゾンからネットで買っています。

バイクカバーの目的(使う理由)

私がバイクカバーを使う理由、お勧めする理由です。

盗難防止

抑止効果に有効です。
バイクカバーなしより、カバーありのほうが、泥棒さんやいたずらっ子には、がぜんめんどくさくなりますから、良いです。

バイクの保護

雨避け、日差し避け、ほこり避けになります。
屋根付きガレージなんてなかなか所有できないと思いますので、ちょっとした簡易ガレージです。
炎天下の直射日光を防いだり、直接の雨風を防いでくれるだけでもありがたいです。
たまにしか乗らない人には埃避けとしても有効です。

猫しょん避け

案外ありがちなのが、野良猫におしっこをされるパターン。
バイクのシートでひなたぼっこ……だけだったらかわいいのですが、何度かやられたことがあります。
出かけようと思ったら、猫にゃんのおしっこ臭くなっていて、予定外の洗車からスタート……。
そんな休日のハプニングからもあなたとバイクを守ってくれます。笑

バイクカバーをネットで買う理由

お店においてあるのって、種類が少ないうえに、お高いんですよ。
バイクカバーに1万円近くとか、かけられないじゃないですか。正直。

ネットで買うと、だいたい半値以下。

私が買っているのは3千円以下クラスです。
ほぼ3千円くらいの品を、さらに安売りのタイミングを狙って2600円とかで買っています。

それでも、わりと厚手でしっかりしているし、種類も豊富。

経験上から思うに、良いですよ。

バイクカバーへのこだわり

盗難防止という観点からすると、ステルス型が良いです。

黒いやつです。

昔は銀色しかなかったんですよ。今は良い時代になりました。

暗闇に紛れて、バイクが置いてあるのかどうかをわかりづらくする。そんな忍者服的な黒色をおすすめします。

日に焼けて白っぽくなっていくのは仕方ないのでどんまいです。

黒くても、自分がぶつかるといけないので、反射テープとかもつけてくれているブランドもあります。

車庫に車もバイクも停めているような人は、暗がりのバック駐車時に、自分の車で自分のバイクに当ててしまうような、うっかり自滅を防いでくれることでしょう。

サイズが心配

ネットで買うのは良いけれど、サイズが心配ですよね。

大は小を兼ねるのですが、やりすぎるとぶかぶかですしね。

そう思って、何点か、写真を撮ってみましたので、参考にしてください。

モデルはホンダのNC750S。

バックケースBOXと左右のパニアケース付きです。
この手の仕様のバイクに合うカバーを探すのは困難で、サイズ感がわかりませんよね?

一応ホンダの公式サイトにあった諸元表によりますと、NC750Sの寸法は長さ221.5cm×幅77.5cm×高さ113㎝


バイクカバーの寸法はXXLで長さ265cm×幅105cm×高さ125㎝と書いていました。

十分入りそうですが、あとはケース付きがどう影響するかですよね。

NC750SにXXLサイズのカバーをかけてみた

実際にカバーを掛けた写真を載せておきます。


横からの図。
結構余裕ありますよね。

 

正面

 


反対から

大体こんな感じです。いけそうでしょう?

おすすめはゴムバンド

この手のカバーは風で飛ばされないように留めなきゃいけないのですが、
HarmonyBikeさんのバイクカバー本体には、前後2か所に留め具が付いています。

別体のおまけのバンド2mもついています。
パチンとはめる、プラスチックの留め具が付いています。

でも、伸縮しないバンドが面倒なので、(間違って踏んでプラスチック割っちゃったし。。。)ホームセンターとか、自転車屋さんでよく見かけるゴムバンドを使っています。


こんなやつ。200~300円くらいですかね?


これだけでもまぁまぁ飛ばない。


このやり方だと、膝をついたり、かがみこまなくてもよいのでおなかの出たおじさんや、パンツを汚したくない人には朗報かと思っています。

そうじゃなくても、つけたり外したりするのに、少しでも楽なほうが良いのでお勧めです。

とりあえず今日はここまで。

誰かの参考になればうれしいです。

ではでは。

関連記事

ワークマンでライディングブーツを探せ!

おすすめバイク用品【ライディングブーツ】バイク用の靴はワークマン?ハイカットブーツの選び方

 

>>BIKE and LIFE トップページへ

 

▼▼スポンサーリンク▼▼

  • 【バイクグッズ】デグナー

    DEGNER(デグナー)は京都のレザーショップ ハーレー御用達で、レザージャケットやレザーパンツはもちろん、ブーツやグローブ、キャップなど、のウェア一式からサイドバッグなどのバイク取り付けバッグまで対応。

    概要ライダーズウェアやバッグなど
    特徴ウェアから小物まで革製品のお店

    メーカー直営店なので配達も早く、アフターの対応もしてくれます。

  • 【バッテリー他】益城電池

    益城電池(ましきでんち)さんのサイトは、バッテリーだけではなく、アライヘルメットやRSタイチさんのウェア、その他タンクバックやサングラスなども扱っています。

    概要バイクパーツ総合デパート
    特徴バッテリーだけではない

    バイクバッテリーの適合表は、国内4社だけではなく、BMW、トライアンフ、ドゥカティ、ハーレー、ビモータやビューエル、MVアグスタ、ベスパなどにも及んでいて便利です。

  • 【バイク買取】バイク王

    テレビCMなどでもおなじみの【バイク王】さんです。 24時間365日受付中。 対象地域や取扱車種が豊富なので助かります。

    概要バイク買取サイト
    特徴バイクのことならバイク王

    「あなたのバイクは今いくら?」オンラインでそのままできる3ステップの無料お試し査定が便利です。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。