ワークスイーター岩橋健一郎はTT-F1クラス全日本チャンピオンのオートバイレーサー!

ワークスイーター岩橋健一郎

岩橋健一郎(いわはしけんいちろう、1964年9月4日生まれ)
B.V.Dヤマモトレーシングチーム、後にはanチームブルーフォックスで活躍したオートバイレーサー。

1980年代後半は空前のオートバイブーム。

バイクバブル絶頂期、国内4メーカーがジャブジャブとたくさんのお金をつぎ込んだワークスチームがひしめくTT-F1クラスにおいて、そのワークスマシンを1台、また1台と抜き去っていくライダーがいました。

それが岩橋健一郎選手です。

岩橋健一郎選手について

1985年 レースデビュー(ヤマモトレーシングから参戦)
この年、筑波サーキットの風物詩、B.O.T.T.(バトルオブザツイン)に出走。決勝2位を獲得。
 
1986年 4月の鈴鹿サンデーロードレース、ヤマモトレーシングから参戦した岩橋選手が優勝!
マシンはホンダのVFR400R。実は、バイク屋さんから買ってきて、マフラーだけ交換。慣らしを兼ねて走らせたバイクでの優勝でした! 

さらには同年7月の鈴鹿4時間耐久ロードレースではコースレコードでポールポジション!

HRC(ホンダレーシング)から「NSR250に乗らないか?」とF3クラス参戦に向けてのオファーがあったが断ったそうです。
 
1987年 国際A級に特別昇格
岩橋選手はヤマモトレーシングからVFR750FでTT-F1クラスに参戦します。
鈴鹿8耐では、リチャード・ムーアと組んで予選は31番手、決勝13位。
 
1988年 全日本TT-F1クラス ランキング6位 ヤマモトレーシング HONDA VFR750R(RC30)
これは、プライベーター最上位でした。 
また、スーパーバイク世界選手権で一躍世界に名を轟かせます。
 
1989年 全日本TT-F1クラス ランキング5位
スーパーバイク世界選手権で優勝!
全日本国際A級初優勝!
7月の鈴鹿8耐は予選14位、決勝11位

 
1990年 全日本選手権 TT-F1クラスで全日本チャンピオンに輝きます。

 
1991年 GP500ccクラスに参戦。HONDA NSR500を任されるようになります。

この年から、ヤマモトレーシングではなくなりますが、以降も日本のトップライダーとして活躍されました。

エピソード1 鈴鹿4時間耐久レース

1986年7月の鈴鹿4時間耐久ロードレース

全国から強豪が集まり、しのぎを削る、若手の登竜門的な位置づけのこのレースで、岩橋健一郎選手の乗るVFR400R(ヤマモトレーシング)は、コースレコードでポールポジションを獲得!

決勝もトップを独走し、このまま優勝か!? と思いきや、終盤、タイヤを使い切り、結果は4位。

しかしこの頃からすでに、岩橋選手+ヤマモトレーシング恐るべしというのが見えてきます。

MEMO
1986年 鈴鹿4時間耐久 決勝レース結果
優勝:高吉克朗・石上均組(ヨシムラGSX-R400)
2位:江島徹朗・前田忠士組(モリワキCBR400R)
3位:石渡克成・福智学組(SP忠男RC FZR400)
4位:岩橋健一郎・石神克俊組(ヤマモトレーシングVFR400R)

当時の力関係がわかりますね。

鈴鹿4耐、ノービスクラスの祭典ではありますが、もうすでに準ワークスチームたちの戦国時代。

ヨシムラ、モリワキ、SP忠男との戦い。

新型マシン、CBR400RやFZR400との戦い……。

その中で、ポールポジションとトップ独走からの決勝4位は凄いですよね。

エピソード2 TT-F1クラス参戦

1987年 全日本国際A級TT-F1クラス

ヤマモトレーシングから、HONDA VFR750Fで参戦します。
正直、かなり苦戦します。

それはそうです。
勝手な印象ですが、アップハンドルのこのマシンで勝てるのは、ワイン・ガードナーかウェイン・レイニークラスだけなんじゃないかと……。

しかし、シーズン終盤の8月31日、HONDAから、ヤバいマシンが発売されます。

VFR750R(RC30)!!!

あの伝説の、ホンダが造った「勝つためのマシン:RC30」です!

エピソード3 スーパーバイク世界選手権

1988年 スーパーバイク世界選手権の開催初年度
そのスーパーバイク第5戦菅生大会に出場。

TV放映もされたこのレースで大活躍! 
岩橋選手の知名度が一気に高まったレースでもありました。

参加選手は、ドゥカティのマルコ・ルッキネリやヤマハFZR750Rのマイケル・ドーソン、ヨシムラスズキGSX-R750のギャリー・グッドフェローやビモータのデビッド・タルドッツィ、ホンダのフレッド・マーケル、バージニオ・フェラーリ、アーロン・スライトなど。

TVでしか見ることの出来ない豪華な顔ぶれでした。

その時の日本からの刺客は、ヤマFZR750Rの町井邦生(まちいくにお)、ヨシムラの大島行弥(おおしまゆきや)など。

世界のスーパースターたち、全日本のトップライダーたちが参加する中、また、雨上がりの難しいコンディションの中で大活躍しました。

町井選手の活躍や、BRAINさんの格子柄のツナギを着た岩橋選手の活躍に心が踊りました。

特に2ヒート目、若き頃のミック・ドゥーハン(当時はマイケル・ドゥーハン)に続く2位でチェッカーを受けるなど、岩橋は速い! と印象づけました。

エピソード4 ワークスイーター

1989年 全日本TT-F1クラス

3月のマレーシアGPスーパーバイクで優勝

4月のスーパーバイク選手権菅生大会で優勝
4月全日本TT-F1雨の鈴鹿大会で全日本国際A級初優勝!
並み居るワークス勢を完全に抑えきった価値ある優勝でした。

7月の鈴鹿8耐は予選14位、決勝11位

また、シーズン終盤の3戦は、ついにHRCのワークスマシンRVFを貸与されるようにまでなりました。

年間の総合ランキングは5位

いよいよチャンピオンが射程距離内に入ってきました。

全日本チャンピオンへの道

1990年全日本選手権での戦績

リザルト

1990年 全日本選手権 国際A級TT-F1クラス 
B.V.D.ヤマモトレーシング(HONDA RVF750)
※このRVFは1989年型のマシンに’90年型のエンジンを積んだものでした。

Round1 鈴鹿 優勝
Round2 鈴鹿 優勝
Round3 鈴鹿 2位
Round4 筑波 優勝
Round5 菅生 2位
Round6 鈴鹿 3位
Round7 菅生 3位
Round8 筑波 リタイヤ
 
総合結果 チャンピオン

▼▼1990年TT-F1総集編(動画) Part1~7

 

SpecAのマフラー

【SpecA】ブランドで知られるヤマモトレーシングのマフラーや集合管。

たくさんありますが、例えばこのHONDA CBR250RR用の2本出し! 
性能だけではなく、ドレスアップにも効果的。

ヤマモトレーシング SPEC-A S/O TWIN CBR250RR 17-(2BK-MC51)

 

関連記事

【全日本ロードレース選手権】歴代チャンピオンズリスト(1980年代編)

#4 Masaru MIzutani All Japan Road Race【全日本ロードレース選手権】歴代チャンピオンズリスト(1980年代編)

【全日本ロードレース選手権】歴代チャンピオンズリスト(1990年代編)

#1 Okada vs #4 Harada All Japan (1992)【全日本ロードレース選手権】歴代チャンピオンズリスト(1990年代編)

 

▼▼スポンサーリンク▼▼

  • 【バイクパーツ】プロト

    PLOT(プロト)の公式オンラインショップ ブレンボやスウェッジラインをはじめとしてブレーキパーツや、アクラボヴィッチのサイレンサー。ミッドランドのインカムや、プロトのサイドスタンドパッド、ケース・バッグなどの小物と各種工具類など。

    概要バイクパーツの総合ショップ
    特徴取り扱いが豊富!

    会員登録すると、送料無料の金額設定が変わったり、ポイントが付いたりして、さらにお得。

  • 【バイクグッズ】デグナー

    DEGNER(デグナー)は京都のレザーショップ ハーレー御用達で、レザージャケットやレザーパンツはもちろん、ブーツやグローブ、キャップなど、のウェア一式からサイドバッグなどのバイク取り付けバッグまで対応。

    概要ライダーズウェアやバッグなど
    特徴ウェアから小物まで革製品のお店

    メーカー直営店なので配達も早く、アフターの対応もしてくれます。

  • 【バッテリー他】益城電池

    益城電池(ましきでんち)さんのサイトは、バッテリーだけではなく、アライヘルメットやRSタイチさんのウェア、その他タンクバックやサングラスなども扱っています。

    概要バイクパーツ総合デパート
    特徴バッテリーだけではない

    バイクバッテリーの適合表は、国内4社だけではなく、BMW、トライアンフ、ドゥカティ、ハーレー、ビモータやビューエル、MVアグスタ、ベスパなどにも及んでいて便利です。

 

>>BIKE and LIFE トップページへ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。