宗和孝宏は別名タイガー宗和!kawasakiの刺客!

#81 Takahiro Sowa Kawasaki ZXR-7

宗和孝宏は別名タイガー宗和!kawasakiの刺客!

宗和 孝宏(そうわ たかひろ、現姓:斎藤、1965年9月21日- )
兵庫県神戸市出身

TT-F1クラスで活躍した全日本選手権のトップレーサー。

愛称は「タイガー宗和」

#10 Takahiro Sowa Kawasaki

kawasakiの刺客

宗和選手はカワサキのファクトリーライダーとして活躍するわけですが、

宗和選手の活躍時期は、kawasakiがレースに復帰して頑張っていた時代とちょうど重なります。

タイガー宗和の名前の由来

きっかけはこのレース。

1987年のTBCビッグロードレース。


第一ヒートを独走中に・・・。

その後、ブレーキペダルがぶっ壊れてしまったが、鬼気迫る走りで町井邦夫選手を追い詰めてゆく。

ここでの激走以来、「タイガー宗和」と言われるようになったと記憶しています。

レーシングライダー宗和孝宏さんについて

当時、開発ライダー出身の阿部孝夫さんが絶賛してましたよね。

「宗和くんのS字の切り返し、彼のステップワークはイイ!」って。

高校中退後、購入したヤマハ・RZで六甲山をはじめとして神戸近辺の峠に通い詰める。その中でカワサキのライダーだった清原明彦と出会い、清原のバイクショップ「プロショップ・キヨ」でアルバイトを開始、レースの世界へと足を踏み入れる。

1987年、カワサキ系の名門チーム、チーム・グリーンに所属し、カワサキ4年ぶりのファクトリーマシンとなるZXR-7を駆って全日本ロードレース選手権・TT-F1クラスに参戦。この年、スポーツランドSUGOで行われたTBCビッグロードレースにおいて、首位独走中に単独転倒して順位を大幅に下げるが、そこから怒涛の追い上げを敢行して最終的に優勝した町井邦生から1.5秒後方の2位でフィニッシュ。この時の鬼気迫る走りから、このレース以降「タイガー」の愛称で呼ばれることになる。

1988年、カワサキのワークス・チームに移籍。以降、1980年代後半から1990年代前半におけるカワサキのエースライダーとして活躍する。1989年にはル・マン24時間耐久ロードレースで多田喜代一、塚本昭一とともに日本人トリオとして過去最高の3位表彰台獲得(2017年現在でも日本人トリオとしては最上位)。1991年には初優勝を含む3勝を挙げ、シリーズランキング3位を獲得する。

1993年に渡米、チーム・マジー・カワサキからAMAスーパーバイク選手権に参戦しランキング5位を獲得、ルーキー・オブ・ザ・イヤー受賞。翌1994年も同じ体制で参戦し、ランキング3位を獲得。1995年にはファスト・バイ・フェラッチに移籍してドゥカティに乗る。

1995年に帰国し、以降は全日本ロードレース・スーパーバイククラスや鈴鹿8時間耐久ロードレースを中心にスポット参戦する。

2013年2月19日、カワサキのロードレーサー、KR500を川崎重工業から借り受けて返却しないまま連絡が取れない状態となり、2011年3月に被害届を出されていた事件で、詐欺の疑いで兵庫県警明石署に逮捕され[2]、3月6日に釈放される。

2014年、全日本ロードレース選手権のST600クラスに復帰してフル参戦する。2014年は18ポイントでランキング25位、2015年は15ポイントでランキング21位。

2016年は武石伸也、中本郡と組んで鈴鹿8時間耐久ロードレースに参戦[3][4]。

脚注
[ヘルプ] 1 a b c 『BiG MACHINE』公式サイト – 宗和孝宏プロフィール
2 a b “1台だけの川重「KR500」返さぬ元ライダー” (2013年2月20日). 2013年2月20日閲覧。
3 http://www.suzukacircuit.jp/8tai/entry_list/images/8tai_entrylist_20160729.pdf
4 http://actnow.jp/project/takeishi2/detail

引用:出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

関連記事

#79 Ai Ogura Moto3 HONDA2019年 MotoGP第14戦アラゴンGPMoto3クラスで小椋藍(おぐらあい)選手が初表彰台!randy_mamola_riding_YAMAHA1986年低身長ライダーを探せ!MotoGPライダー編photo-instagramインスタおすすめアカウントインスタおすすめアカウント!オートバイレーサー編#8 Shinya Takeishi an Team Blue Fox HONDAフレディースペンサーをぶち抜いた男!武石伸也(たけいししんや)が8耐でポールポジション!#24 Hisashi Unemoto Team TAKESHIMA畝本久(うねもとひさし)ベテランライダーの世界GP挑戦!WGP125ccクラスの職人!#5 Niall Mackenzie NSR500ニール・マッケンジー!またの名を新沼謙治!はフライングスコットと言われた世界GPライダー!

 

▼▼スポンサーリンク▼▼

>>バイク買取専門店バイク王

>>BIKE and LIFE トップページへ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。