宮崎祥司(みやざき しょうじ)選手は全日本ロードレースTT-F1チャンピオン

全日本TT-F1チャンピオン宮崎祥司選手

ヨシムラからホンダへ。

小柄な体でFF-F1マシンを操り、2度の全日本チャンピオンに輝いた、宮崎祥司選手。

ちょっとおちゃらけているようで、やることが男前な宮崎祥司選手について書かせていただきます。

https://www.instagram.com/p/CDBA202hmvY/?utm_source=ig_web_copy_link

宮崎祥司選手について

三重県の津工業卒業らしいです。

ヨシムラからホンダへ移籍して、FF-F1チャンピオンになるわけですが、イメージとしては、anチームブルーフォックスの白地に赤、青模様のマシンカラーとツナギが印象的でした。

身長は160cm半ばくらいで、とても小柄。

でも、スムーズな中に、熱い走りを見せてくれる選手でした。

ラジコン好きが有名で、引退後には自らのラジコンショップ ミヤザキを経営していました。

代表的な戦績

宮崎祥司選手は、TT-F1クラスで活躍しました。

1988年 全日本選手権 TT-F1クラス 全日本チャンピオン

1991年 全日本選手権 TT-F1クラス 全日本チャンピオン

2度の全日本チャンピオンに輝いています。

また、鈴鹿の8時間耐久オートバイレースにおいても、1989年1990年と大島正選手との日本人ペア(anチームブルーフォックス)で、2年連続2度の2位を成し遂げています。

宮崎選手のライバルたち

▼ゼッケン2番が宮崎選手

https://www.instagram.com/p/B9LN1pmBmhC/?utm_source=ig_web_copy_link

三浦昇選手
岩橋健一郎選手
大島行弥選手
宗和孝宏選手
多田喜代一選手
町井邦夫選手
永井康友選手
ダグ・ポーレン選手
ピーター・ゴダード選手
などなど

当時のTT-F1クラスにはそうそうたる面々が名を連ねていました。

以前、岩橋健一郎選手について書かせていただいた時に、ライバル! として登場しましたので、お読みでない方は、そちらもご一読いただけると嬉しいです。

1990年、激闘の記録

1990年全日本選手権での戦績が興味深いです。

この年は、ライダーとして成長著しい岩橋健一郎選手との一騎打ちでした。

見ての通り、どちらかが勝つような戦いぶり。

岩橋選手の3勝に対して、宮崎選手は4勝。

しかし、勝利の軍配は岩橋選手に。

リザルト
1990年 全日本選手権 国際A級TT-F1クラス
HONDA RVF750で参戦

1990年TT-F1 岩橋健一郎 宮崎祥司
Round1鈴鹿 優勝 3位
Round2 鈴鹿 優勝 優勝
Round3 鈴鹿 2位 優勝
Round4 筑波 優勝 3位
Round5 菅生 2位 リタイヤ
Round6 鈴鹿 3位 優勝
Round7 菅生 3位 優勝
Round8 筑波 リタイヤ 出走取消

総合結果 全日本ランキング2位
(この年のチャンピオンは岩橋健一郎選手)

▼▼1990年TT-F1総集編(動画) Part1~7

ラジコンカーの店 ミヤザキ

▼昔の映像です。

ただし、宮崎祥司さんのラジコンショップ、ミヤザキは、2014年11月をもって閉店されてしまいました。

残念です。

 

関連記事

【全日本ロードレース選手権】歴代チャンピオンズリスト(1980年代編)

#4 Masaru MIzutani All Japan Road Race【全日本ロードレース選手権】歴代チャンピオンズリスト(1980年代編)

【全日本ロードレース選手権】歴代チャンピオンズリスト(1990年代編)

#1 Okada vs #4 Harada All Japan (1992)【全日本ロードレース選手権】歴代チャンピオンズリスト(1990年代編)

 

>>BIKE and LIFE トップページへ
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。