日本初の世界チャンピオンライダー!片山敬済(Takazumi Katayama)さんの現在は?何してるの?

RothmansWhite片山敬済さんの現在は

片山敬済(かたやまたかずみ)さんの現在

当時ワールドグランプリと言われたオートバイの世界最速を競う選手権。

日本で初めて、世界チャンピオンになったのが片山敬済選手です。

次に原田哲也(はらだてつや)選手がロードレース世界選手権で世界チャンピオン(1993年WGP250ccクラス)になるまで、なんと16年かかりました。

そういう意味では偉大なイノベーターです。

そのカタヤマ選手の現在の活動、気になる動きがありますので紹介させていただきます。

RTK(Racing team KATAYAMA)

【RTK】をご存じですか?

RTK:レーシングチームカタヤマ

1985年、ホンダのワークスチームを離れて自身のチーム(Racing team KATAYAMA)で戦うことになった片山選手でしたが、まさにそのシーズンの途中で引退した片山選手。

翌年1986年からは、このチームRTKは、片山選手自身が走るためではなくて、若手の育成などを行うレーシングチームにシフトしていきます。

RTKファングッズ!?

レーシングチームとしてのRTK、そのレース活動は数年で終焉を迎えます。

しかし、その当時行われていたのは、レースだけではありませんでした。レース活動と並行してRTKブランドの衣類など、ファングッズの販売も行われていました。

私自身も、RTKデザインのパーカーを気に入ってずっと着ていました。

その時の写真が残っていないのが残念です。

RTK再始動!

そんなRTKグッズがいよいよ復活!?

今、片山敬済さんがRTKそしてカタヤマレプリカの各グッズの見直し再販を計画中です!

私のもとに入ってきている情報ですと、ロングTシャツ、ライディンググローブ、ヘルメットなど……。

楽しみですね。


※写真はイメージです。

関連情報

Champ_Katayama_YAMAHA_TZ350片山敬済(かたやまたかずみ)はレジェンドレーサー! ロードレース日本初の世界チャンピオン!!

 
 

▼▼スポンサーリンク▼▼

>>BIKE and LIFE トップページへ
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。