平忠彦(たいらただひこ)は汚れた英雄! イケメンすぎるレジェンドライダー!

YZR500_taira21_Marlboro

イケメンすぎるレジェンドライダー!平忠彦

平忠彦(たいら ただひこ、1956年11月12日 – )
東北は福島県南相馬市(旧原町市)出身の日本を代表する元オートバイのロードレーサー。
YAMAHAの選手という枠を超えてロードレース界に貢献した、日本を代表するレーシングライダーである。

1983年から3年連続で、最高峰クラスGP500ccクラスの全日本チャンピオン。後に世界選手権へのフルエントリー。映画への吹き替え出演。日本屈指の化粧品会社のスポンサーカラーを身にまとい、テレビCMに出演など、その影響力、発信力は絶大でした。
1980年代の一大バイクブーム、モーターサイクルロードレースブームを牽引した立役者。
開発ライダーとしての手腕もあり、日本ロードレース界に無くてはならない人物といえます。

8h1990 YAMAHA TECH21 Tadahiko Taira

略歴
1980年、全日本ロードレース選手権 国際A級350ccクラスチャンピオン。
1982年、映画「汚れた英雄」への吹き替え出演。
1983年、1984年、1985年の3年連続で最高峰の国際A級500ccクラス全日本チャンピオン。
1985年には資生堂をスポンサーに、世界選手権3連覇のキング・ケニーことケニー・ロバーツ選手とタッグを組み、鈴鹿8時間耐久オートバイレースに参戦する。
1986年からはロードレース世界選手権に舞台を移して活躍するなど、話題には事欠かない、押しも押されぬ国内のトップスター選手である。(現在は現役引退)

映画「汚れた英雄」出演

映画「汚れた英雄」の吹き替えを担当

1982年12月公開の映画「汚れた英雄」は、大藪春彦(おおやぶ はるひこ)原作、角川春樹(かどかわ はるき)の監督第1弾作品。

平忠彦は「汚れた英雄」の主人公、北野晶夫(きたの あきお)を演じるイケメン俳優 草刈正雄(くさかりまさお)の吹き替え(ライディング・スタントマン)として出演している。


映画の主題歌 ローズマリー・バトラーの『汚れた英雄』 原題:Riding High が良い。
テンションが上ります。

平選手は、映画撮影の翌年から500ccクラスの全日本チャンピオンになり、3年連続チャンプとして君臨することになる。

イケメンの肖像

Yogoreta Eiyu TZ500 #62 Akio Kitano

草刈正雄さんはハーフで長身イケメンの俳優さん。

今でこそ、珍獣ハンター イモトアヤコさんに「マサオ~っ!」などと呼ばれていますが、身長185cmのクールで甘いマスクはキムタクのマスクをした福山雅治みたいなもので、超イケメン俳優さんでした。

平選手はその草刈正雄さんと背格好も似ていて、革のレーシングスーツを着てヘルメット姿ではありますが、ルックス的にもちょうど良かったと思います。

ikemen_mk
草刈正雄
ikemen_TTaira1
平忠彦

平忠彦の身長は?

私の記憶では、何かの雑誌で180cm前後の数字を見た気がします。
残念ながらはっきり覚えていません。

でも実際に、吹き替え相手の草刈正雄さんの身長が、プロフィールを見ると185cmとなっていますので、その草刈さんに近しい背格好だったはずです。

当時のライダーで、身長の大きい人、痩せた人、かっこいい人、、、
そして、実際のレースを走らせてもトップ争いが出来るようなライダー。
間違いなく平忠彦さんしか居なかったでしょうね。

伝説の鈴鹿8時間耐久オートバイレース

YAMAHA FZR750 Tadahiko Taira 1985

1985年は、選手にとっても、我々レースファンにとっても、決して忘れられない年になりました。

国内最強選手の平忠彦と、引退したとは言え世界最強の実力を持つキング・ケニーとの夢の共演。

YAMAHA TECH21 with king Kenny 1985

オートバイレースの中に初参入の化粧品会社のスポンサー。

ヤマハが会社の威信をかけて送り出す5バルブの新型マシンFZR750。

資生堂ヤマハTECH21(テック・トゥーワン)レーシングチームの誕生です。

すべてのパワーが注ぎ込まれたドリームチームは、その年の「優勝候補筆頭」と言われ、優勝という目標に向かって、確実に突き進んでいきました。

Suzuka 8h TECH21 Racing Team retire

8時間という耐久レースの残り30分になるまでは・・・。

世界選手権フル参戦と苦難

1986年にはついに、世界グランプリへと飛び立ちます。

ただし本業の500ccではなく、250ccクラスへの参戦となりました。
排気量が小さくなると楽になるわけではなく、ライバルが多い激戦区へ旅立ちでした。

YAMAHA YZR250 Tadahiko Taira 1986

そして緒戦から、大きな痛手を受けます。

世界GP第1戦 スペイングランプリ
予選でトップとわずか0.02秒差の2位という好位置からのスタートでしたが・・・。
スタート時、上手くエンジンに火が入らず出遅れたところに、後続車が激突。
さらに、他の車には左足を轢かれる形となり、足の甲を骨折。

平選手は緒戦から病院送り、ギブス装着を余儀なくされました。

その後、怪我をおしての出場を続け、迎えた最終戦、サンマリノグランプリ。

WGP250 #31 YAMAHA Tadahiko Taira

やはりここでもスタートミスで最後尾からの追い上げを強いられますが、ぐんぐんと順位をあげてトップグループに追いつきます。


ライバルは、アントン・マンク、ドミニク・サロン、アルフォンソ・シト・ポンスら、そうそうたる顔ぶれでしたが、鬼のような走りで、自身の世界グランプリ初勝利を勝ち取ります。

日本で初めて世界チャンピオンになった片山 敬済(かたやま たかずみ)選手が残した1982年以来の日本人優勝でした。

このレースを観たキング・ケニーが言ったそうです。

「あのタイラが欲しい。」と。

満を持してWGP500ccクラスへフル参戦

YAMAHA YZR500 Tadahiko Taira 1987

この年の開幕戦、開催は日本。

20年ぶり?の世界グランプリが鈴鹿にやってきたちょうどその時に最高峰クラスへの全戦参戦です。
平選手、やはりなにか持っていますね。

世界選手権第1戦 WGP鈴鹿日本グランプリは、雨の中のレースになりました。

レース開始早々飛び出したランディ・マモラ選手の独走優勝になるレースですが、その中で平選手は、予選5位から決勝6位。

最後は師弟関係にある川崎裕之選手(シャケさん)が、これからフルシーズンを世界で闘う平選手に道を空けるという、男気あふれる場面もありました。

平選手の世界戦歴

WGP戦歴
1984年 WGP500cc マールボロ・ヤマハ YZR500 6位 2回の総合ランキング16位
 
1985年 WGP500cc マールボロ・ヤマハ YZR500 15位、9位、で、ランキング21位
 
1986年 WGP250cc マールボロ・ヤマハ YZR250 フル参戦 優勝1回を含むランキング9位
 
1987年 WGP500cc マールボロ・ヤマハ YZR500 フル参戦 3位表彰台を含む、世界ランキング6位
 
1988年 WGP500cc ヤマハレーシング YZR500 スポット参戦、5位2回を含むランキング15位
 
1989年 WGP500cc 資生堂TECH21レーシング YZR500 スポット参戦、6戦して、ランキング14位
 
1990年 WGP500cc YZR500 スポット参戦、鈴鹿の6位を含むランキング23位
 
1991年 WGP500cc ヤマハレーシング YZR500 鈴鹿のみのスポット参戦だがノーコンテスト

1985年には資生堂TECH21レーシングチームから8耐に参加して、ケニー・ロバーツと共に伝説を作る平選手ですが、その同じ年の世界選手権ランキングが「21位」とは。この人、やはり何か持っていますよね。

ちなみに、WGPとは別に、アメリカの選手権AMAとかへも出場歴があったようですが、ちょっと追えませんでした。あしからず。

鈴鹿8時間耐久オートバイレースへのリベンジ

1985年、トップを走行中に無念のリタイアを果たした8耐のリベンジをしなければいけません。

そこで翌年は同じヤマハのGPライダー、クリスチャン・サロンとペアを組みますが、不発。

1987年に事件は起こります。

8耐のレースウィークに入る直前のフランスグランプリで大クラッシュ。首を負傷。(たしか骨折)

翌週の鈴鹿で「ちょっと走ってみる」と練習走行に入り、「やっぱり無理だわ。」とレース参戦を断念。(そりゃそうでしょうよ・・・・・・汗)

資生堂テック21レーシングチームの監督としてピットに入ります。

なぜかそこで、チームが優勝。

自分が走れない時に、監督として参戦した時に悲願の初優勝を遂げることになります。

そして、悲願の初優勝までは、さらにあと3年の月日を要することになるのです。

考えられる最強のパートナー、エディー・ローソンとのコンビで。

Tadahiko Taira YAHAMA TECH21 (1990)

8耐戦歴
1985年 資生堂TECH21 FZR750 ケニー・ロバーツ 予選 PP 決勝リタイア
 
1986年 資生堂TECH21 YZF750 クリスチャン・サロン 予選3位 決勝リタイア
 
1987年 フランスグランプリでの首の負傷から欠場。
※監督として参戦し、ケビン・マギー、マルティン・ウィマー組で優勝。(ヤマハ初優勝)
 
1988年 資生堂TECH21 YZF750 マイケル・ドゥーハン 予選6位 決勝リタイア
 
1989年 資生堂TECH21 YZF750 ジョン・コシンスキー 5位 決勝リタイア
 
1990年 資生堂TECH21 YZF750 エディ・ローソン 予選3位 優勝

YAMAHA TECH21 RacingTEAM 1990 8h -

今年も夏はやってきます。
ヤマハ発動機さんの8耐コンセプトムービーが熱いです。


平忠彦選手のイケメンぶりについて

資生堂が提供するテレビ番組「おしゃれ30・30(サーティ・サーティ)」にゲスト出演した平選手は、ダンディなスーツを身にまとい、司会の古舘伊知郎(ふるたち いちろう)氏から、「銀座の一流ホストのよう」とホメられていました。

 

関連記事

先輩ライダーのシャケさんとは?

Hiroyuki Kawasaki YAMAHA YZR500河崎裕之(かわさきひろゆき)さん「ハンドリングのヤマハ」の職人芸!シャケさんは最強の開発ライダー!

ライバルライダーたち

エディー・ローソン

YAMAHA_YZR500_Eddie_Lawson_1988WGP_USAエディローソンは燃える闘魂のオートバイレーサー!? ステディー・エディーは嘘っぱちだった!?

ワイン・ガードナー

Gardner_NSR500_1987ワインガードナー(Rothmans HONDA NSR500)はモリワキから世界チャンピオン!ブルーサンダー!

八代俊二

MORIWAKI_HONDA_1986_Yatsushiro八代俊二(やつしろしゅんじ)はモリワキから世界へ! ワインガードナーのチームメイト! 突っ込みハッチはホンダのライダー!!

水谷勝

打倒_平忠彦_RG500Γのレーサーといえば東海の暴れん坊_水谷勝_スズキ水谷勝(みずたにまさる)は打倒_平忠彦! RG500Γのレーサーといえば東海の暴れん坊! スズキ

 

▼▼スポンサーリンク▼▼

>>バイク買取専門店バイク王

>>BIKE and LIFE トップページへ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。