ニール・マッケンジー!またの名を新沼謙治!はフライングスコットと言われた世界GPライダー!

#5 Niall Mackenzie NSR500

世界GPライダー ニール・マッケンジーを知っていますか!?

https://www.instagram.com/p/BtIjjYsFlMg/?utm_source=ig_web_copy_link

ニール・マッケンジー選手は世界レベルのロードレースライダーなのですが、日本に紹介され始めた頃に、その発音から、ニーヌマッケンジー!と呼ばれ、覚えられました。

そう、あの有名歌手、新沼謙治(にいぬまけんじ:演歌歌手、本名同じ)さんに、発音が似ていますよね?

ほとんど、”What time is it now? “=「ほったいもいじったな?」みたいなものですね。笑

ニール・マッケンジーはこんな人

ニール・マッケンジー (Niall Macfarlane Mackenzie, 1961年7月19日 – )

イギリス(スコットランド)のスターリング出身。

元世界グランプリライダーで、「フライングスコット!」と呼ばれた時期も……。

世界選手権であるワールドグランプリや全英選手権であるブリティッシュスーパーバイク選手権などで活躍したオートバイレーサーです。


ニール・マッケンジー選手の略歴

本格的なレース活動開始は20歳の頃からと意外に遅咲き。

ただし、その後の成績が凄い。

1984年には350ccクラスで国内チャンピオン
世界グランプリのGP250ccクラスにも参戦

1985年には350ccと250ccで国内ダブルチャンピオン

1986年 シーズン終盤から世界グランプリのGP500ccクラスに参戦(ヘロン・スズキ、RG500Γ)
3戦だけの参加にもかかわらず、7位、7位、8位となり、シリーズランキング10位になる。
その当時、戦力的には非力なマシン、RG500Γでの最終戦予選3位なども評価され、翌年1987年からHONDAの最新マシンNSR500を与えられた。

1987年 ホンダNSR500に跨ったニール・マッケンジー選手は、開幕戦の鈴鹿サーキットで、さっそく期待に応えてのポールポジションを獲得している。

この当時は「特徴的な深いバンク角!」と言われていました。

1988年のアメリカグランプリ、ラグナセカサーキットでは、名物コーナー「コークスクリュー」から飛び立つような、目の覚める走りで「フライングスコット」と呼ばれる。

世界グランプリでの優勝こそないが、時のトップライダーたちと絡む走りで、スズキ、ホンダ、スズキ、ヤマハと、ワークスチーム、セミワークスチームで活躍を継続。

その後、イギリスに戻り、国内選手権のブリティッシュスーパーバイク選手権に参戦すると、1996年、1997年、1998年と3年連続の国内チャンピオンに輝く。

2000年シーズンを最後に現役を引退。

今は、2人の息子テイラー・マッケンジーとタラン・マッケンジーがレーシングライダーとして活躍している。

▼▼ご本人のインスタグラムより
https://www.instagram.com/p/BvtM3SJAgmK/?utm_source=ig_web_copy_link

▼▼マルボロヤマハYZR500時代

▼▼ラッキーストライクスズキRGV500Γ時代

主な戦績

主な戦績

1984年 イギリス国内選手権 350cc チャンピオン(アームストロング)
WGP250cc 参戦 アームストロング・ロータックス CF250
 
1985年 イギリス国内選手権 250ccと350cc(2連覇)チャンピオン アームストロング
WGP250cc 28位 アームストロング・ロータックス CF250
 
1986年 イギリス国内選手権 250ccチャンピオン(2連覇) アームストロング
WGP250cc 21位 アームストロング・ロータックス CF250
WGP500cc 10位 HB スズキ RGΓ500
 
1987年 WGP500cc 5位 (表彰台1回) HBホンダ NSR500
 
1988年 WGP500cc 7位 (表彰台1回) HBホンダ NSR500
 
1989年 WGP500cc 7位 (表彰台1回) マールボロ・ヤマハ YZR500
 
1990年 WGP250cc 33位 ヤマハ YZR250 33位
WGP500cc 4位 ラッキーストライク・スズキ RGV-Γ500
 
1991年 WGP500cc 17位 ソノート・ヤマハ YZR500
 
1992年 WGP500cc 11位 (表彰台1回) ソノート・ヤマハ YZR500
 
1993年 WGP500cc 9位 (表彰台1回) バルボリン・ヤマハ ROC
 
1994年 WGP500cc 10位 スリック50・ヤマハ ROC
 
1995年 WGP250cc 18位 ドクショップ・アプリリア RSV250
 
1996年 イギリス国内選手権 スーパーバイクチャンピオン(ヤマハ)
 
1997年 イギリス国内選手権 スーパーバイクチャンピオン(2連覇、ヤマハ)
 
1998年 イギリス国内選手権 スーパーバイクチャンピオン(3連覇、ヤマハ)
 
2000年 イギリス国内選手権 スーパーバイクランキング5位(ドゥカティ)

現役時代のニール・マッケンジー(動画)

▼▼1987年 鈴鹿BIG2&4レースに登場!


▼▼1987年 世界グランプリ 第1戦 鈴鹿日本グランプリ WGP500cc クラス決勝!


▼▼1988年も鈴鹿BIG2&4レースに参戦


 
▼▼こちらは新沼謙治さん(嫁に来ないか)


関連記事

同時期のホンダのエース ワイン・ガードナー

Gardner_NSR500_1987ワインガードナー(Rothmans HONDA NSR500)はモリワキから世界チャンピオン!ブルーサンダー!

同じイギリス人ライダー ロン・ハスラム

Ronald Haslam with elf3ロン・ハスラム選手の愛称はロケットロン! ロケットスタートの代名詞!

深いバンク角といえば……

#93 Marc Marquez HONDAマルク・マルケスは現役最強のMotoGPレーサー!HONDAの至宝!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。