平忠彦(たいらただひこ)の世界グランプリ挑戦!WGP250ccから世界最高峰クラスWGP500ccへ!

YAMAHA YZR500 Tadahiko Taira 1987

平忠彦選手の世界グランプリ挑戦

平忠彦選手は、1985年に3年連続3度めのGP500ccクラス全日本チャンピオンを取得後、

1986年に世界グランプリの250ccクラスにフル参戦します。

自身本来の世界最高峰クラスGP500ccへのフル参戦は翌年の1987年になるのです。

1986年マルボロヤマハからWGP250参戦

開幕戦からとんでもないトラブルに見舞われ、

苦労苦労の連続ですが、粘ります。


東北の寡黙な男は強いです。

▼1986年のシーズン終了後、平忠彦選手へのインタビュー(男前です)


1986年 帰国後の快進撃

1986年の世界グランプリフル参戦と、GP250ccの接戦で揉まれた平忠彦選手は、確実にライダーとしての力をつけていきました。

それを証明する2つのレースがこれです。

ホンダ、ワインガードナーとの勝負

1986年 全日本ロードレース選手権 最終戦 鈴鹿 日本(MFJ)グランプリ 500ccクラス

海外からの招待選手の世界グランプリライダー ワイン・ガードナー選手との真っ向勝負します。

ワイン・ガードナー選手はこの年、怪我で欠場勝ちのフレディー・スペンサー選手に替わってホンダの実質的エース。

GP500ccクラスで世界ランキング4位。

いよいよ世界チャンピオンを取りに行くぞ!という時期の、世界のトップライダーのでした。

▼1986年 全日本選手権 最終戦 500ccクラス決勝

>>【ワインガードナーvs平忠彦を観る】

世界チャンピオン、エディ・ローソンとの戦い

そして1986年の世界チャンピオン、エディーローソンとの戦い。

こちらも日本人ライダーは相手にしていません、世界チャンピオンのエディローソンとの一騎打ちです。

▼1986年 TBCビッグロードレース 500ccクラス決勝

>>【エディーローソンvs平忠彦を観る】

1987年マルボロヤマハからWGP500参戦

▼1987年 世界選手権 WGP500 開幕戦 鈴鹿日本グランプリ

 

▼1987年 世界選手権 WGP500 チェコグランプリ ブルノサーキット 


引退後の平忠彦

▼引退後インタビュー(レース活動を開始したころの昔話など貴重です)


同時代のライバルたち

ヤマハのエース、エディーローソン

YAMAHA_YZR500_Eddie_Lawson_1988WGP_USAエディローソンは燃える闘魂のオートバイレーサー!? ステディー・エディーは嘘っぱちだった!?

ホンダのエース、ワインガードナー

Gardner_NSR500_1987ワインガードナー(Rothmans HONDA NSR500)はモリワキから世界チャンピオン!ブルーサンダー!

ヤマハのライバル、ランディ・マモラ

マモラ乗りロスマンズホンダランディ・マモラが殿堂入り!マモラ乗りを知っていますか!?あの人気ライダー!

ホンダのライバル、八代俊二

MORIWAKI_HONDA_1986_Yatsushiro八代俊二(やつしろしゅんじ)はモリワキから世界へ! ワインガードナーのチームメイト! 突っ込みハッチはホンダのライダー!!

 

▼▼スポンサーリンク▼▼

>>バイク買取専門店バイク王

>>BIKE and LIFE トップページへ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。