ノリックこと阿部典史(あべのりふみ)は真のレジェンド! V.ロッシが憧れたレーサー! ホンダからヤマハへ

#6 Norick Abe WGP YAMAHA YZR500_2

バレンティーノ・ロッシが憧れた日本人レーサー!

ノリック!
阿部典史(あべのりふみ)

ノリック(Norick)こと阿部 典史(あべ のりふみ)について

「ノリック」誰もが一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

ノリックこと阿部典史選手は、日本を代表する天才レーサーのひとりです。

#56 Norick Abe HONDA NSR500 (1994)

サラブレッド

阿部典史選手の父上は、オートレーサーの「阿部光雄」選手。

そう、親子二代に渡って鉄の馬の乗り手です。

5歳にはもうバイクに乗っていて、ポケバイや、ミニバイクレースを経験。

Norick Abe in USA

15歳からはアメリカに渡って、ダートトラックやモトクロスで腕を磨きます。

日本に帰ってきたのが16歳。

TDM850改ギドラ

当時のバイク雑誌、サイクルサウンズ誌でしたでしょうか?「ヤバいノービスライダーが居る!」と大注目。
高橋聡さんとの雑誌企画でTDM850改の通称「ギドラ」というマシンを走らせていました。フロントをズリズリ滑らせながら・・。

↓これがギドラ!

国際A級全日本ロードレース参戦1年目が最高峰クラスへの挑戦

全日本ロードレース選手権フル参戦の1年目が、最高峰クラスのGP500ccクラスでした。

Norick Abe HONDA NSR500 (1993)

1993年シーズン、チームブルーフォックスでHONDAのNSR500に跨ると、他の先輩ライダーたちを退け、初参戦にもかかわらず、全日本チャンピオンになりました。若干18歳、全日本史上最年少チャンピオンかつ、500ccクラス最後のチャンピオンとなったわけです。

V.ロッシの憧れたライダー

ノリックが鈴鹿グランプリでマイケル・ドゥーハンらに真っ向勝負を挑んだ伝説のレースを、当時若干15才、ヨーロッパ選手権のGP125クラスに参戦していたバレンティーノ・ロッシ選手が観ていた。その2年後の17歳、1996年にはロッシ自信も世界グランプリ125ccクラスにアプリリアからグランプリデビューを飾るわけだが、ノリックの走りにインスパイアされた少年は自らを「ろっしふみ」と名乗り、マシンにもステッカーを貼っていたのは有名な話です。

そう、いまや押しも押されぬ世界的大スター選手で大ベテランの、あの、バレンティーノ・ロッシ選手です。

世界挑戦

若き才能にはウェイン・レイニーも黙っていられなかったようです。

#17 Norick Abe WGP YAMAHA YZR500

ホンダから引き抜くようにしてヤマハへ移籍、世界GPへの切符を手渡します。

鈴鹿グランプリを制す!

#9 Norick Abe Suzuka JapanGP (1996)

1996年には、競合ライダーたちとの真っ向勝負!

1996年 鈴鹿GP


世界最速の500ccクラスで、片山敬済選手以来、14年ぶりの優勝を飾り、メインポールに日の丸を掲げました。

その後も、1999年にリオGPで1勝、2000年にも鈴鹿GPで1勝。

1999年 リオGP


2000年 鈴鹿GP


世界GPでは通算3勝がノリックの成績です。

#6 Norick Abe vs #1 Mick Doohan

世界選手権フル参戦後10年間、GP500からMotoGPへと世界最高峰クラスを闘う日本人。

世界の強豪たちと真っ向勝負が出来る日本人ライダーとして活躍します。

その後もスパーバイクで2年間。

全日本に戻ってJSB1000クラスで活躍をしていました。

人生も速すぎた

Norick Abe YAMAHA YZR500

2007年10月7日、レースではなく、神奈川県川崎市内の一般道で交通事故にあい、天国に逝ってしまいました。

享年32歳。

速すぎるライダーは、人生も駆け抜けていってしまいました。ご冥福をお祈り致します。

編集後記

ノリックのヘルメットはSHOEI製でしたが、そこには星と羽根がデザインされていて、インディアンの酋長のような、日本人ライダーとしてはあまり見慣れないデザインでしたので、奇抜で印象的でした。

アメリカにスコット・ラッセルという選手がいて、彼こそまさに酋長デザインのヘルメットでしたけれどね。

関連記事

WGPのライバル

HONDA_NSR500_1997_okada岡田忠之(おかだ ただゆき/HONDA) 最強クラスWGP500で世界最速に一番近づいた日本人ライダー!

レジェンドライダーたち

#43 Ikujiro Takai YAMAHA YZR500プロショップタカイの高井幾次郎(たかいいくじろう)は日本の誇るリトルジャイアント!#7 Christian Sarron YZR500クリスチャンサロン!リーンウィズからハングオフへ!フランスの青い貴公子!#705 Takehiko Kurokawa ST600黒川武彦(くろかわたけひこ)全日本ロードレース史上最年長優勝記録を持つ男!RothmansWhite片山敬済さんの現在は日本初の世界チャンピオンライダー!片山敬済(Takazumi Katayama)さんの現在は?何してるの?#24 Tatsuki Suzuki Moto32019年MotoGP第13戦サンマリノGPで鈴木竜生選手が初優勝!#79 Ai Ogura Moto3 HONDA2019年 MotoGP第14戦アラゴンGPMoto3クラスで小椋藍(おぐらあい)選手が初表彰台!

 

▼▼スポンサーリンク▼▼

>>バイク買取専門店バイク王

>>BIKE and LIFE トップページへ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。