清水雅広(しみずまさひろ)は孤独なハリケーン!片山敬済以来の世界チャンピオンを期待された男! ホンダ

Masahiro Shimizu HONDA NSR250_ in筑波

清水 雅広(しみず まさひろ、1964年11月22日 – )
神奈川県藤沢市出身

清水雅広選手は、カタヤマタカズミ選手以来の日本人世界チャンピオンを期待された男です。
※一時期、清水雅浩を名乗っていました。

味の素のTERRAカラーを身にまとった音速の貴公子

おとなしい風貌からは想像がつかないハイスピードライディングをするライダー。
#4 Masahiro Shimizu vs Anton Mang(1986)

1985年、プライベーターながら国際A級250ccクラスで初優勝を飾ると、1986年のシーズン途中から、ホンダのワークスマシンNSR250を貸与され、さらに走りに磨きがかかります。

Masahiro Shimizu HONDA NSR250_1987

清水雅広選手について
日本人初の元世界チャンピオン片山敬済さんと清水雅広選手との対談がありましたが、そのときに、

「清水君なら世界チャンピオンを取りにいける。期待している。」

という主旨のお話をされていました。

それだけ期待された選手でした。


1987年の筑波サーキット、力をつけてきた本間選手との戦い。

Masahiro Shimizu in Tsukuba Circuit

1987年に全日本チャンピオンになると、翌年から世界GPのGP250ccクラスへフル参戦を行い、世界のトップライダー達と互角に渡り合った選手です。

とにかく強すぎた1987年

全日本ロードレース選手権 国際A級250ccクラスのチャンピオンになった1987年はまるで「ブルーインパルス!」かつての全日本チャンピオン小林 大(こばやし まさる)選手との味の素ホンダレーシングチームのテラカラー(テラブルー)の強さが際立っていました。

 AJINOMOTO HONDA_1987

清水雅広、小林大の2人が表彰台に並ぶ場面ばかりを見せつけられた気がします。

映画出演

バイクレースが人気絶頂のこの時期、「パッセンジャー~過ぎ去りし日々」という映画が撮影されます。

鈴鹿サーキットで一大ロケを敢行。

「3分間で1億円の巨費を投じた」と言われる邦画。

三田村邦彦さんと本田美奈子さん+テラカラーのホンダNSR250(清水雅広号)が出てきます。

映画のテーマ曲は本田美奈子さんの「孤独なハリケーン」でした。


そして世界GPへ

人気、実力、期待が絶頂の中で、世界グランプリフル参戦が予定されましたが・・・。

1988年のシーズン開幕前、シーズンイン直前のテストで、まさかの「右手首骨折」

絶大な期待の中、大変厳しいスタートになりました。

#12 Masahiro Shimizu HONDA NSR250

それでも、復帰戦のポルトガルGPでは、いきなり2位表彰台!など、誰もが期待せずにはいられない選手でした。

世界GPでの戦い

#6 Masahiro Shimizu WGP250(1990)

苦戦、苦戦、苦戦。

WGP250 HONDA NSR250

スポット参戦を経て、ホンダワークスでフル参戦4年間。サテライトで1年間。

苦戦続きで、世界GPでの1勝に手が届かないまま引退してしまいました。

清水まさひろ選手の主な世界戦績

世界戦績
年 クラス チーム 順位 表彰台回数
1987年 WGP250cc ホンダ 13位(表彰台1回)
1988年 WGP250cc ホンダ 10位(表彰台1回)
1989年 WGP250cc ホンダ 6位(表彰台4回)
1990年 WGP250cc ホンダ 7位(表彰台2回)
1991年 WGP250cc ホンダ 5位
1992年 WGP250cc ホンダ 9位(表彰台1回)

正真正銘トップライダーです。
優勝記録がないのが意外です。
もっと活躍して欲しいライダーでした。

NSR250軍団

清水選手と同じマシン、NSR250に跨るライバルたちがたくさんいました。

HONDA NSR250

「ライディングの差と言うよりもセッティング能力の差」

清水選手が後に語っています。

「速く走る能力自体はそんなに差を感じないが、速いマシンに的確にセッティングする能力が足りない」

ラインハルト・ロト選手との1/1000秒差での2位ゴールなど、世界での1勝が近くて遠い。

次の世代、原田哲也選手岡田忠之選手、加藤大治郎選手らが出てくるまで、日本人ライダーが世界で勝つということが如何に大変だったかを物語っています。

Masahiro Shimizu HONDA NSR250

その岡田選手は、清水選手が世界から凱旋帰国したときのレースで競り勝ち、「大いに自信になった。」そうです。

1989_MFJGP_okada_vs_shimizu_3

1989年 筑波サーキットでの全日本最終戦MFJグランプリより。

編集後記

清水選手の味の素TERRA(テラカラー)が本当に格好良かったですね。

特に、世界挑戦の時の銀と白を基調にしたいわゆる「銀テラ」カラーリングにしびれました。

ライディングウェアも、全日本時代のプロショップTAKAI製から、R’s houseに替わりました。お店が関東だけで行きそびれましたが、惚れました。作りを見るとクシタニさんとコラボなのかな?というようにもお見受けしたのですが、デザイン性が優れていて、清水選手の格好良さに磨きがかかった気がしました。
 
ヘルメットはSHOEI(ショウエイ)。平忠彦選手のヘルメットデザインの応用編のようなカラーリング。のちに雅広のMの字を取り入れたようなデザインのものに替わりますが、それまで長い間、清水選手を印象づけるヘルメットでした。

あと、レース人生後半に、清水雅広の「広」の文字を「浩」にした、清水雅浩に改名していました。後に雅広に戻っていましたが、ちょうどワークスから外れた時期ともかぶるので、その時期、心身ともに相当ご苦労されていたのだと想像いたします。

鈴鹿の日本GPも観に行きましたが、我々日本人ファンに夢と希望を与えてくれたライダーでした。

あわせて読みたい

WGP250 清水雅広の後輩日本人ライダー

HONDA_NSR500_1997_okada岡田忠之(おかだ ただゆき/HONDA) 最強クラスWGP500で世界最速に一番近づいた日本人ライダー! #31 Tetsuya Harada原田哲也(はらだてつや)はイタリアで一番有名な日本人!? 日本人最強最速! ヤマハ、アプリリア、ホンダ

同時期のWGP500 日本人ライダー

YZR500_taira21_Marlboro平忠彦(たいらただひこ)は汚れた英雄! イケメンすぎるレジェンドライダー! MORIWAKI_HONDA_1986_Yatsushiro八代俊二(やつしろしゅんじ)はモリワキから世界へ! ワインガードナーのチームメイト! 突っ込みハッチはホンダのライダー!!

レジェンドレーサーたち

#79 Ai Ogura Moto3 HONDA2019年 MotoGP第14戦アラゴンGPMoto3クラスで小椋藍(おぐらあい)選手が初表彰台!randy_mamola_riding_YAMAHA1986年低身長ライダーを探せ!MotoGPライダー編photo-instagramインスタおすすめアカウントインスタおすすめアカウント!オートバイレーサー編#8 Shinya Takeishi an Team Blue Fox HONDAフレディースペンサーをぶち抜いた男!武石伸也(たけいししんや)が8耐でポールポジション!#24 Hisashi Unemoto Team TAKESHIMA畝本久(うねもとひさし)ベテランライダーの世界GP挑戦!WGP125ccクラスの職人!#5 Niall Mackenzie NSR500ニール・マッケンジー!またの名を新沼謙治!はフライングスコットと言われた世界GPライダー!

 

▼▼スポンサーリンク▼▼

>>バイク買取専門店バイク王

>>BIKE and LIFE トップページへ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。