ケビンマギーはヤマハ8耐初優勝の功労者

#16 Kevin Magee YAMAHA YZR500

ケビンマギー選手を知っていますか?

ケビン・マギー (Kevin Magee、1962年7月20日生まれ)

オーストラリア出身の元オートバイレーサー。

同じオーストラリア出身ライダーのワイン・ガードナー選手の後輩的な立ち位置でレース界に登場。

オーストラリアの国内レースを皮切りに、ドゥカティやヤマハで走ってキャリアを積んでいました。

その走りに目をつけたのは、日本の森脇護氏。

そう、モリワキエンジニアリングの創始者で、ワイン・ガードナーを見つけ出したあの森脇さんです。

さっそくの鈴鹿8耐参戦

森脇さんに機会をもらったマギー選手は、1985年にモリワキマシンで8耐初参戦。(予選、決勝共に9位)

翌年、1986年にはヤマハから、マイケル・ドーソン選手とのオージーコンビで早くも2位表彰台に上がってしまいます。(予選も4位)

早くも表彰台、しかも、このときのマシンはTT-F1ワークスマシンではなく、オーストラリア選手権用のスーパーバイク仕様FZ750だったというので、2度、驚かされました!

マイケル・ドーソン選手もオーストラリア選手権の一流ライダーですのでね。

1987年ヤマハの鈴鹿8時間耐久オートバイレース

1985年、キングケニーことケニーロバーツと平忠彦との夢のタッグで戦ったヤマハ資生堂TECH21レーシングチーム。優勝目前でのエンジンストップ、リタイヤ。

1986年、平忠彦、クリスチャンサロン組で臨んだヤマハ資生堂TECH21はまたしてもリタイヤ。

鈴鹿8耐の1978年からの優勝者記録を見てみると、

1978年 ヨシムラ(スズキGS1000)ウェス・クーリー、マイク・ボールドウィン組
1979年 ホンダCB900F トニー・ハットン、マイク・コール組
1980年 ヨシムラ(スズキGS1000R) ウェス・クーリー、グレーム・クロスビー組
1981年 ホンダRS1000 マイク・ボールドウィン、デビッド・アルダナ組
1982年 ホンダCB900F 飯島茂雄、萩原紳治組
1983年 スズキGS1000R エルブ・モアノー、リカルド・ユービン組
1984年 ホンダRS750R マイク・ボールドウィン、フレッド・マーケル組
1985年 ホンダRVF750 ワイン・ガードナー、徳野正樹組
1986年 ホンダRVF750 ワイン・ガードナー、ドミニク・サロン組

そして迎えた1987年。
前年2位のケビンマギーの相棒はマーチン・ウィマー。
チームは資生堂TECH21レーシングチーム。
マシンはヤマハYZF750。

https://www.instagram.com/p/CC8VWSYpsrg/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

本来は平忠彦が直接ライディングを行ったであろう資生堂TEC21のYZF750。
しかし、世界GP500ccクラスにフル参戦していた平選手は、直前にフランスのポール・リカール・サーキットでクラッシュ。首の骨を骨折して出走はならず。急遽、同チームの監督としての参戦となっていました。

鈴鹿8耐ヤマハ初優勝の奇跡

その1987年。

ヤマハのライバルは、3連覇を狙う、ホンダのワイン・ガードナー。
この年のガードナーはまさに絶好調!
世界GPの500ccクラスでも強さを見せつけて、世界も8耐も大本命とされていました。

その8耐本番、やはり、ホンダRVF+ワインガードナーは強く、ポールポジションから首位走行。

追いかけるのは、ヨシムラのギャリー・グッドフェロー、高吉克郎組。こちらはヨシムラのセカンドチームで、ヨシムラのエースチーム、ケビン・シュワンツ、大島行弥組はエンジントラブルで早い段階で消えていました。

しかし、4時間ほどでトップ走行中のドミニク・サロン選手が1コーナーで転倒。

トップを高吉組、追いかけるマギー組になります。

淡々と周回を重ねる中、まだ若い高吉選手の優勝か!? と期待が高まりますが……、

レースも残り5分。

ヨシムラのブルーのライトが一瞬コースから姿を消します。

なんと! トップの高吉選手が周回遅れ絡みで転倒!
再スタートを切るものの、トップはマギー選手が奪い取り、そのままチェッカー!

まさかのヤマハの逆転8耐初優勝!
そして資生堂TECH21レーシングチームが待ち望んだ優勝! となりました。

▼▼1987年鈴鹿8耐

 

GP500参戦

1987年は世界GPの500ccクラスにもスポット参戦。

8耐後の第13戦ポルトガルGPでは3位表彰台に登るなど、オーストラリアから、またとんでもないライダーが出てきたなと思いました。

翌年(1988年)のヤマハ8耐

前年8耐初優勝したヤマハのYZF750でしたが、1988年、ケビン・マギー選手は、世界GP500でもチームメイトのウェイン・レイニー選手とのコンビで連覇を果たします。

チーム・ラッキーストライク・ロバーツは、ケニーロバーツ選手のチームですから、平選手もケニーロバーツも、監督として共に8耐リベンジを果たした年になりました。

ケビンマギー選手のその後

https://www.instagram.com/p/B5K22fdpjdA/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

GP500で活躍し、将来を期待されたマギー選手でしたが、チームメイトが凄過ぎて……。

https://www.instagram.com/p/B4-GHcjJyIA/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

そして、1989年と1990年には、彼の運命を左右する事件が……。

これについては、また今度書きましょう。

では。

 

>>BIKE and LIFE トップページへ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。