辻村猛(つじむらたけし)!ぶちかまし野郎の現在

辻村猛(つじむらたけし)選手について

辻村 猛(1974年7月4日生まれ )

大阪府出身の元オートバイレーサー。

GP125ccクラスで活躍し、世界選手権へ進出。
世界グランプリライダー(いわゆるGPライダー)としても、トップクラスで活躍。

2004年の全日本ロードレース選手権ST600チャンピオンでもあります。

大阪人らしいその発言からも、ぶちかまし野郎!の異名を持ちます。

愛称はタケちゃん。

全日本、世界選手権、全日本選手権、鈴鹿の8時間耐久でも優勝と、活躍しつづけた辻村選手もついにレーシングライダーを引退。

そんな辻村選手でしたが、ソフトバンク嬉野店店長さんなどを経て、2014年からセブンイレブン三重県津市高茶屋小森町店のオーナーらしいです。(まだ直接行っていません)

>>セブンイレブンの場所はここ

>>情報提供元

辻村猛選手のレース年表

13歳:ミニバイクを始める
16歳:ロードレースデビュー
1991年 – 鈴鹿選手権NB125チャンピオン
 英田選手権NB125チャンピオン
 中山選手権NB125チャンピオン
 鈴鹿4時間耐久ロードレース優勝(及川誠人)
 
1992年 – 国際A級特別昇格
 全日本ロードレース選手権125ccランキング9位(F.C.C.テクニカルスポーツ)
 鈴鹿8時間耐久ロードレース17位(山岸広幸)
 
1993年 – ロードレース世界選手権GP125ランキング3位(1勝/F.C.C.テクニカルスポーツ/RS125R)
 
1994年 – ロードレース世界選手権GP125ランキング3位(4勝/F.C.C.テクニカルスポーツ/RS125R)
 鈴鹿8時間耐久ロードレース13位(眞子智実)
 
1995年 – ロードレース世界選手権GP250ランキング22位(F.C.C.テクニカルスポーツ/AC25M)
 鈴鹿8時間耐久ロードレース15位(眞子智実)
 
1996年 – ロードレース世界選手権GP250ランキング12位(F.C.C.テクニカルスポーツ/RS250R)
 鈴鹿8時間耐久ロードレース22位(小西良輝)
 
1997年 – ロードレース世界選手権GP250ランキング7位、IRTAカップ獲得(F.C.C.テクニカルスポーツ/AC26M)
 
1998年 – ロードレース世界選手権GP250ランキング8位、IRTAカップ獲得(チームセンプルッチ/TZ250)
 
1999年 – 全日本ロードレース選手権スーパーバイクランキング8位(ヤマハレーシング/YZF-R7)
 鈴鹿8時間耐久ロードレース10位(吉川和多留/ヤマハレーシング/YZF-R7)
 
2000年 – 全日本ロードレース選手権スーパーバイクランキング10位(ヤマハレーシング/YZF-R7)
 鈴鹿8時間耐久ロードレース16位(S.CRAFAR/ヤマハレーシング/YZF-R7)
 
2001年 – 全日本ロードレース選手権スーパーバイクランキング11位(ヤマハレーシング/YZF-R7)
 
2002年 – 全日本ロードレース選手権スーパーバイクランキング3位(YSP&プレスト/YZF-R7)
 鈴鹿8時間耐久ロードレース4位(吉川和多留/YSP&プレスト/YZF-R7)
 
2003年 – 全日本ロードレース選手権JSB1000ランキング3位(1勝:AP/F.C.C.TSR/CBR954RR)
 全日本ロードレース選手権ST600ランキング2位(F.C.C. TSR/CBR600RR)
 鈴鹿8時間耐久ロードレース3位(伊藤真一/F.C.C. TSR ZIP-FM/CBR954RR)
 
2004年 – 全日本ロードレース選手権JSB1000ランキング10位(F.C.C. TSR/CBR1000RR)
 全日本ロードレース選手権ST600チャンピオン(F.C.C. TSR/CBR600RR)
 鈴鹿8時間耐久ロードレースリタイヤ(伊藤真一/F.C.C. TSR ZIP-FM/CBR1000RR)
 
2005年 – 全日本ロードレース選手権JSB1000ランキング5位(F.C.C. TSR/CBR1000RR)
 全日本ロードレース選手権ST600ランキング2位(F.C.C. TSR/CBR600RR)
 鈴鹿8時間耐久ロードレース14位(伊藤真一/F.C.C. TSR ZIP-FM/CBR1000RR)
 
2006年 – 全日本ロードレース選手権JSB1000ランキング7位(F.C.C. TSR/CBR1000RR)
 全日本ロードレース選手権ST600ランキング7位(F.C.C. TSR/CBR600RR)
 鈴鹿8時間耐久ロードレース優勝(伊藤真一/F.C.C. TSR ZIP-FM/CBR1000RR)
 
2007年 – 全日本ロードレース選手権JSB1000ランキング11位(F.C.C. TSR/CBR1000RR)
 (鈴鹿8時間耐久ロードレースは負傷のため欠場)
 
2008年 – 全日本ロードレース選手権JSB1000ランキング15位(F.C.C. TSR/CBR1000RR)
 鈴鹿8時間耐久ロードレースリタイヤ(伊藤真一/F.C.C. TSR HONDA/CBR1000RR)

上記はウィキペディアウィキペディアから引用

辻村猛選手、世界選手権の主な戦績

ロードレース世界GPでの記録
1993年 WGP125cc ホンダ 3位(1勝、表彰台7回/全14戦中、PP1回)
1994年 WGP125cc ホンダ 3位(4勝、表彰台6回/全14戦中)
1995年 WGP250cc ホンダ 22位
1996年 WGP250cc ホンダ 12位
1997年 WGP250cc TSR 7位
1998年 WGP250cc ヤマハ 8位
スーパーバイク世界選手権
1999年 ヤマハ ランキング45位(13位/12位)
2002年 ヤマハ ランキング29位(10位/10位)
※共に日本戦のみの参戦
スーパースポーツ世界選手権
2003年 ホンダ ランキング32位

辻村猛選手の動画

▼▼1993年 恐るべき死闘 

日本人選手、強いです!坂田選手の気迫が怖すぎます。

▼▼1995年頃 バイク用品屋、南海部品さんのCMより

それだけ有名選手だったとうことです。

▼▼2006年には伊藤真一選手とのコンビで鈴鹿8耐優勝の大金星をあげました

辻村猛選手のこぼれ話

時折、とんでもない速さを見せる印象。

坂田選手の後輩として世界選手権WGP125ccクラスに参戦しているときに、日本人ライダー軍団の一角を担い、活躍されていました。

今もお元気そうで、Twitterやインスタグラムをみることが出来ます。

>>辻村猛さんのTwitter

>>辻村猛さんのInstagram

 

関連記事

先輩でライバル、坂田和人

Kazuto Sakata WGP125 honda坂田和人(さかたかずと)日本人世界チャンピオンレーサー!軽量級のスペシャリスト!

仲間でライバル、上田昇

#56 Noboru Ueda WGP125上田 昇(うえだ のぼる)奇跡のデビューウィンから世界のベテランへ!

天才的ライバル、青木治親

haruchika aoki champ青木治親(あおきはるちか)! 世界チャンピオンからオートレーサーへの転身とその理由!気になる年収は!?

【全日本ロードレース選手権】歴代チャンピオンズリスト(1990年代編)

#1 Okada vs #4 Harada All Japan (1992)【全日本ロードレース選手権】歴代チャンピオンズリスト(1990年代編)

 

▼▼スポンサーリンク▼▼

  • 【バイクパーツ】プロト

    PLOT(プロト)の公式オンラインショップ ブレンボやスウェッジラインをはじめとしてブレーキパーツや、アクラボヴィッチのサイレンサー。ミッドランドのインカムや、プロトのサイドスタンドパッド、ケース・バッグなどの小物と各種工具類など。

    概要バイクパーツの総合ショップ
    特徴取り扱いが豊富!

    会員登録すると、送料無料の金額設定が変わったり、ポイントが付いたりして、さらにお得。

  • 【バイクグッズ】デグナー

    DEGNER(デグナー)は京都のレザーショップ ハーレー御用達で、レザージャケットやレザーパンツはもちろん、ブーツやグローブ、キャップなど、のウェア一式からサイドバッグなどのバイク取り付けバッグまで対応。

    概要ライダーズウェアやバッグなど
    特徴ウェアから小物まで革製品のお店

    メーカー直営店なので配達も早く、アフターの対応もしてくれます。

  • 【バッテリー他】益城電池

    益城電池(ましきでんち)さんのサイトは、バッテリーだけではなく、アライヘルメットやRSタイチさんのウェア、その他タンクバックやサングラスなども扱っています。

    概要バイクパーツ総合デパート
    特徴バッテリーだけではない

    バイクバッテリーの適合表は、国内4社だけではなく、BMW、トライアンフ、ドゥカティ、ハーレー、ビモータやビューエル、MVアグスタ、ベスパなどにも及んでいて便利です。

 

>>BIKE and LIFE トップページへ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。