若井伸之(わかいのぶゆき)若くして逝った日本人レーサー

#41 Nobuyuki Wakai SUZUKI RGV-Γ250

ご注意!
本記事のタイトルイラストについては、正蔵masakura様に特別に使用許諾をいただき掲載させていただいております。知的財産権は【正蔵masakura】様に帰属します。

イラストに関するご連絡先はこちらへお願いいたします。 
【MATSUYAランド】さんのTwitter

若井伸之選手について

若井 伸之(わかい のぶゆき、1967年7月25日 – 1993年5月1日)
千葉県出身のオートバイレーサー。

#39 Nobuyuki Wakai HONDA RS125R

180cmある長身でありながら、小排気量車HONDA RS125Rを駆る姿は、別名「フラミンゴ」と呼ばれた。
全日本選手権で年間ランキング2位を獲得した翌年に世界グランプリにフル参戦。

坂田和人、上田昇らと共に、世界選手権で暴れまわった。

その後、スズキから念願のGP250ccクラスにステップアップ。

1993年スペインPG開催中のヘレス・サーキットで、練習走行中ピットロードに紛れ込んだ観客を避けた若い選手はコンクリート壁へ激突。頭部を強打した若井選手は帰らぬ人となってしまった。

享年25歳、あまりにも若すぎる死に、日本だけではなく、世界中のロードレースファンが涙した。

若井伸之選手の主な戦績

1988年 全日本 ジュニア 125ccクラス 12位
 
1989年 全日本 国際A級 125ccクラス 15位
 
1990年 全日本 国際A級 125ccクラス 2位
この年、世界選手権開幕戦の鈴鹿日本GPに参戦、決勝13位で3ポイントを獲得。この1戦で、世界GPの年間ランキング34位を得ている。
 
1991年 世界選手権 WGP125 10位(モトバム・レーシングサプライ/ホンダRS125R)
フル参戦初年度となったこの年、最終戦マレーシアGPでトップ争いの末3位。初の表彰台を獲得しました。
 
1992年 世界選手権 WGP125 10位(モトバム・レーシングサプライ/ホンダRS125R)
この年、鈴鹿日本GPで雨の中3位表彰台を獲得してます。
また、ウィルコ・ツェーレンベルグの代役で世界選手権 WGP250 ドイツGPに急きょスポット参戦。決勝は7位(ラッキーストライクスズキ/スズキRGV-γ250)
 
1993年 世界選手権 WGP250 シーズン途中で他界(ケーユー・レーシングサプライ/スズキRGV-γ250)
 

若井選手の動画

▼▼1993年スペインGP及び若井選手の足跡を振り返る

若井選手のこぼれ話

若井選手が亡くなったスペインGP。

日本人選手たちは一時、出場辞退のムードが高まったが、250ccの原田哲也選手をはじめみんなはその意志を一転、むしろ「若井のために頑張ろう」を合言葉に決勝レースに臨んだ。

その結果、WGP125ccクラスでは盟友 坂田和人選手が世界グランプリ初優勝を成し遂げ、WGP250ccクラスでは、古くからの友人、原田哲也選手もぶっちぎりの優勝を果たした。ふたりとも、なにか吹っ切れたような、まるでなにかに取り憑かれたような、凄まじい走りでした。

さらに、この1993年のシーズンに、原田哲也選手が日本からは片山敬済選手以来16年ぶりの世界チャンピオン(WGP250ccクラス)となり、坂田和人選手は翌年1994年に世界チャンピオンを手繰り寄せました(WGP125ccクラス)

#10 Nobuyuki Wakai HONDA RS125R

ちなみにこのマシンカラーの緑色は、日本海軍の誇る零式艦上戦闘機、いわゆるゼロ戦の色なのだそうです。

さらに、オーストラリアのダートコースでは、地元の誇る世界的なレーシングライダー、ダリルビューティー選手のコースレコードを破るなど、とんでもない腕前のライダーでした。

惜しい方を亡くしました。どうぞ安らかに、後輩たちをお守りください。合掌。

 

関連記事

仲間でライバル、坂田和人

Kazuto Sakata WGP125 honda坂田和人(さかたかずと)日本人世界チャンピオンレーサー!軽量級のスペシャリスト!

仲間でライバル、上田昇

#56 Noboru Ueda WGP125上田 昇(うえだ のぼる)奇跡のデビューウィンから世界のベテランへ!

昔からの友人、原田哲也

#31 Tetsuya Harada原田哲也(はらだてつや)はイタリアで一番有名な日本人!? 日本人最強最速! ヤマハ、アプリリア、ホンダ

【全日本ロードレース選手権】歴代チャンピオンズリスト(1990年代編)

全日本ロードレース選手権_歴代チャンピオンズリスト(1990年代編)【全日本ロードレース選手権】歴代チャンピオンズリスト(1990年代編)

 

▼▼スポンサーリンク▼▼

>>バイク買取専門店バイク王

>>BIKE and LIFE トップページへ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。