プロショップタカイの高井幾次郎(たかいいくじろう)は日本の誇るリトルジャイアント!

#43 Ikujiro Takai YAMAHA YZR500

高井幾次郎は日本の誇るリトルジャイアント

高井 幾次郎(たかい いくじろう)という日本人ライダーを知っていますか?

ヤマハのファクトリーライダーで開発ライダー。

YAMAHAのフラッグシップ、YZR500を開発していたライダーです。

「イクの作ったマシンなら絶対間違いない」

このセリフ、「絶対間違いない!」は、あのキング、ケニー・ロバーツ選手(当時)の言葉。

ケニーロバーツからの信頼も厚かったイクさんこと高井幾次郎選手は、またの名をリトルジャイアント!と呼ばれるほど。キングと称されるケニー・ロバーツの世界選手権GP500クラス3連覇を支えた影の立役者である。

身長160cmと小柄だった高井幾次郎選手が開発すると、同じく小柄なケニー・ロバーツ選手にとっても、扱い安いマシンになったのかもしれませんね。

高井幾次郎選手について

高井幾次郎(1947年2月16日 – 1982年5月12日)
愛知県出身

1966年 19歳でロードレース開始。
1968年 ジュニア昇格。

1969年 全日本125ccチャンピオンを獲得

1971年 1971年からはヤマハと契約。
全日本ロードレース選手権 セニア90ccクラスとセニア250ccクラスでランキング2位。

1972年 初の海外レース、マカオGPで優勝

1974年 全日本エキスパートクラス F750 チャンピオン(TZ350)
1975年 世界グランプリ フランスGP GP250ccクラス 初出場で2位表彰台
1976年 全日本エキスパートクラス F750 チャンピオン

マシン開発の重要性が増すと、出走回数が少なく、シリーズランキングでは高井幾次郎の凄さは分からない。
しかし、1981年の鈴鹿サーキットでは2分13秒65というずば抜けたコースレコードを樹立するなど、出場したレースで、確実にその速さを見せつけ続けた。

世界グランプリでの主な戦績

戦績

1975年 WGP250cc 15位 YZR250(OW17)

1979年 WGP500cc 29位 YZR500(OW45)

1981年 WGP500cc 21位 YZR500(OW54)

高井幾次郎vsキング・ケニーロバーツ

高井幾次郎選手がケニー・ロバーツと競り合った貴重な映像がありました。

ゼッケン「R」の黄色いアメリカヤマハカラーがケニー・ロバーツ、ゼッケン「3」白地に赤のヤマハファクトリーカラーが高井幾次郎選手です。

相手は世界選手権3連覇の男、ケニー・ロバーツですよ。

この人、本当に速いですよね。

プロショップタカイの革ツナギ

現役時代のうちに、革ツナギなど、ライディングギアのメーカーショップを設立。

プロショップタカイは平忠彦選手や清水雅広選手も着用。

私もレーシングウィンターグローブがお気に入りで、着用していました。

志半ばでの旅立ち

1982年5月、スポーツランドSUGOで新型でV4エンジンのYZR500(OW61)のテスト中に転倒。
頚椎に重症を負った高井は他界してしまいます。

35歳の若さだった。

関連記事

ケニー・ロバーツ
KING Kenny Robertsケニー・ロバーツ! アメリカンライダー隆盛の原点! キング・ケニーここにあり!

平忠彦選手のライディングウェアがプロショップタカイ製だったことは有名。
YZR500_taira21_Marlboro平忠彦(たいらただひこ)は汚れた英雄! イケメンすぎるレジェンドライダー!

清水雅広選手も全日本時代、プロショップタカイのレーシングスーツでした。
Masahiro Shimizu HONDA NSR250_ in筑波清水雅広(しみずまさひろ)は孤独なハリケーン!片山敬済以来の世界チャンピオンを期待された男! ホンダ

 
 

▼▼スポンサーリンク▼▼

BIKE and LIFE トップページへ
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。