マックスビアッジは原田哲也の最大のライバル!

マックス・ビアッジについて
マッシミリアーノ・ビアッジ(Massimiliano “Max” Biaggi 1971年6月26日生まれ)
通称マックス・ビアッジはイタリア、ローマ出身のレジェンド・レーサー。

オートバイレースを世界的に代表するGPライダーのうちのひとり。

世界グランプリの250ccクラス、500ccクラス、MotoGP、スーパーバイクと、20年あまりの長期間、世界選手権のトップライダーとして活躍した人物です。

また、我々日本人にとっては、原田哲也選手、岡田忠之選手、青木宣篤選手ら世界GPライダーのライバルとして、あるいはMotoGPでも宇川徹選手のライバルとして立ちはだかったトップレーサーでもあります。

1993年、WGP250ccクラスで初フル参戦にもかかわらずそのまま世界チャンピオンを手中に入れた原田哲也を打ち破り、1994年、1995年、1996年、1997年と、立て続けに4年連続の世界チャンピオンに輝き、その強さから「ローマ皇帝」とまで呼ばれた男でした。

https://www.instagram.com/p/B_zebqRpUqB/?utm_source=ig_web_copy_link

1992年若干20歳のビアッジ選手だそうです。

ちょっとまって!?

ビアッジさんがレースを始めたのは17才からと思うのですが、もう世界GPにいるの!??

さらには、翌年は1993年、原田選手がヤマハで世界チャンピオンになった年。

その時のテルカーバレーシレーシングチームのスポンサー、テルカーさんじゃないですか!

前年まではアプリリアをスポンサーして走らせていたのですね。

なんとも言えない因縁を感じます。

主な戦績

https://www.instagram.com/p/B9WFOv5oeV5/?utm_source=ig_web_copy_link

世界GP、MotoGP戦績
1991年 WGP250cc 27位 アプリリア
1992年 WGP250cc 5位(1勝)アプリリア
1993年 WGP250cc 4位(1勝)ホンダ
1994年 WGP250cc 世界チャンピオン(5勝) アプリリア
1995年 WGP250cc 世界チャンピオン(8勝) アプリリア
1996年 WGP250cc 世界チャンピオン(9勝) アプリリア
1997年 WGP250cc 世界チャンピオン(5勝) ホンダ
1998年 WGP500cc 2位(2勝) ホンダ
1999年 WGP500cc 4位(1勝) ヤマハ
2000年 WGP500cc 3位(2勝) ヤマハ
2001年 WGP500cc 2位(3勝) ヤマハ
2002年 MotoGP 2位(2勝) ヤマハ
2003年 MotoGP 3位(2勝) ホンダ
2004年 MotoGP 3位(1勝) ホンダ
2005年 MotoGP 5位(0勝) ホンダ

GP250ccクラスでの4連覇を含む圧倒的な強さはもちろん、GP500ccクラスに移っても、ステップアップ直後の初優勝を手始めに、常にチャンピオン争いの一角に居続けているのが凄いですよね。

13年連続で一度も勝てなかったことがない! 必ず1勝、ないしはそれ以上に優勝している。

とんでもない男ですね。

https://www.instagram.com/p/ByVKoWflXgG/?utm_source=ig_web_copy_link

ビアッジvs原田の対戦成績

非常に興味深いのは、彼のレースキャリアの中で、原田哲也選手とバチバチの対戦を繰り広げていることです。

世界GP250ccクラスの時代は主に、ビアッジ+アプリリアvs原田哲也+ヤマハ。

ちょうどアプリリアが力をつけてきていて、RSV250の速さが抜きん出たころに、ビアッジ選手がそれを駆る。

ヤマハのマシンは開発が進まず、原田選手は苦戦を続ける。

その間にも、ビアッジ+アプリリアは勝ち続ける。

後に原田選手はアプリリアに移籍。同年、アプリリアから放出されたビアッジ選手はホンダへ移籍。

すると、今度はビアッジ選手はホンダでもチャンピオンを取ってしまう。

https://www.instagram.com/p/BqkK4nTlzhJ/?utm_source=ig_web_copy_link

マックスビアッジvs原田哲也の対戦成績

同じクラスで対戦したシーズンに色塗りしてみました。

ビアッジ強いです。。。

WGP250ccクラス、WGP500ccクラス、MotoGPと、各クラスで戦っていたのですが、各年度、マシン差が……。

アプリリア対ヤマハのマシン性能差。

世界GP500cc時代、原田選手のマシンは開発途上のアプリリア「Aprilia380」でした。

本当はもっと、お互いのチーム差やマシン性能差のない状態で、戦っていたらどうなっていただろう? と思わずにいられません。

とはいえ、ビアッジ選手のレーシングライダーとしての能力を否定するつもりなど毛頭なく、あの原田選手をもってして、「アプリリアのマシンって、もっと速いのかと思っていた……」というセリフが漏れたくらいですから、やはりマシンだけではなく、ビアッジ選手自身が相当に上手かったということなのでしょう。

ビアッジとスーパーバイク

マックス・ビアッジ選手はその後、スーパーバイク世界選手権に舞台を移し、そこでも2度の世界チャンピオンに輝いています。何に乗っても、相当速い選手と言えます。

スーパーバイク世界選手権の戦績
2007年 3位 スズキ GSX-R1000
2008年 7位 ドゥカティ 1098RS
2009年 4位 アプリリア RSV4
2010年 世界チャンピオン アプリリア RSV4
2011年 3位 アプリリア RSV4
2012年 世界チャンピオン アプリリア RSV4

 

ビアッジグッズ

キャメルカラーもかっこいいですよね。

マックス・ビアッジについてもっと知る

マックス・ビアッジと原田哲也の関係、共に駆ったアプリリアのマシンRSV250について知るなら、レーサーズという雑誌で特集が組まれていました。

今は、モナコ在住の原田哲也さんご家族とも仲良くしているそうですよ。

マックス・ビアッジのInstagram

そうそう。

ビアッジさんのInstagram(インスタグラム)をみつけました。

ビアッジさん、明るく気さくな方のようで、コメントに返信もくれましたよ。

ビアッジさんのファンなら、ぜひお試しください。

マックスビアッジついに殿堂入りの図!(=^ェ^=)

【FIM Legend】

この成績ですからね。。。

>>【ビアッジInstagram】

関連記事

永遠のライバル 原田哲也

#31 Tetsuya Harada原田哲也(はらだてつや)はイタリアで一番有名な日本人!? 日本人最強最速! ヤマハ、アプリリア、ホンダ

ライバル岡田忠之

HONDA_NSR500_1997_okada岡田忠之(おかだ ただゆき/HONDA) 最強クラスWGP500で世界最速に一番近づいた日本人ライダー!

ライバル青木宣篤

Nobuatsu Aoki HONDA WGP250_1990_Japan_GP青木宣篤(あおきのぶあつ)! 青木3兄弟の長男は長寿のスーパーレーシングライダー!

 

▼▼スポンサーリンク▼▼

  • 【バイクパーツ】プロト

    PLOT(プロト)の公式オンラインショップ ブレンボやスウェッジラインをはじめとしてブレーキパーツや、アクラボヴィッチのサイレンサー。ミッドランドのインカムや、プロトのサイドスタンドパッド、ケース・バッグなどの小物と各種工具類など。

    概要バイクパーツの総合ショップ
    特徴取り扱いが豊富!

    会員登録すると、送料無料の金額設定が変わったり、ポイントが付いたりして、さらにお得。

  • 【バイクグッズ】デグナー

    DEGNER(デグナー)は京都のレザーショップ ハーレー御用達で、レザージャケットやレザーパンツはもちろん、ブーツやグローブ、キャップなど、のウェア一式からサイドバッグなどのバイク取り付けバッグまで対応。

    概要ライダーズウェアやバッグなど
    特徴ウェアから小物まで革製品のお店

    メーカー直営店なので配達も早く、アフターの対応もしてくれます。

  • 【バッテリー他】益城電池

    益城電池(ましきでんち)さんのサイトは、バッテリーだけではなく、アライヘルメットやRSタイチさんのウェア、その他タンクバックやサングラスなども扱っています。

    概要バイクパーツ総合デパート
    特徴バッテリーだけではない

    バイクバッテリーの適合表は、国内4社だけではなく、BMW、トライアンフ、ドゥカティ、ハーレー、ビモータやビューエル、MVアグスタ、ベスパなどにも及んでいて便利です。

 

>>BIKE and LIFE トップページへ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。