YouTube【本間利彦ライディングch】第3回「サスペンション」

Toshi honma Riding Channel This illustration Powerd by 正蔵masakura

ご注意!
本記事のタイトルイラストについては、正蔵masakura様に特別に使用許諾をいただき掲載させていただいております。知的財産権は【正蔵masakura】様に帰属します。

イラストに関するご連絡先はこちらへお願いいたします。 
【MATSUYAランド】さんのTwitter

本間利彦のYouTubeチャンネル 第3回 配信!

レジェンドライダー!本間利彦(ほんまとしひこ)元選手のユーチューブチャンネル!
第3回配信です。

日本の誇るレジェンドライダー、本間利彦さんは世界レベルのレーシングライダーで、かつヤマハの誇る開発ライダーです。

その本間さんの熱い思いと、走りのエッセンスがギュッと詰まったYouTubeチャンネル! 
下にリンクボタンを貼っておきますね。

第3回講義「サスペンション」

第3回はどんな講義内容だったのでしょうか?

今回の講義は、「サスペンション」

第1回「速さの基本」
第2回「グリップの使い方」

今回は「サスペンション」の基本です。

「サスペンションセッティングの大前提」

基本のお話です。

コーナーのどこに注意を向けてセッティングする必要があるの?

マシンの重量バランスとサスペンションについて。

サスペンションセッテイングのスタート地点について解説してくれています。

コーナーのどこを基準に考えるのか?

マシンの重心と、前後の重量バランス。

高い旋回力、速いコーナーリングスピードを作るサスペンションセッティング。

速く走るためのサスペンションセッティング。その第1歩とは?

本間利彦選手がその大事なところを語ります。

↓↓↓ 気になる人はCheck it up!

本間利彦のライデイングch 第3回

 

レーシングライダー本間利彦

本間選手は、1986年、濃霧の富士スーパースプリントレースで彗星のごとく現れ、注目を浴び、その後、全日本チャンピオンから、世界レベルのレーシングライダーへと進化し続けた、伝説のレーシングライダー。

世界と戦える、数少ない日本人ライダーのうちの一人。

さらには、名開発ライダー、シャケさんこと河崎裕之(かわさきひろゆき)選手の後継者として、世界と戦うためのYAMAHAのGPマシン開発にも尽力。

小柄な体躯と高い声からは想像もつかない、パワーあふれる人物です。

 

関連情報

ご本人、本間利彦選手

UCC YAMAHA GP250 Toshihiko Honma本間利彦(ほんまとしひこ)は19歳のレジェンド!霧の中のスーパースター!

ライバル、ジョン・コシンスキー選手

#19 John Kocinski YAMAHAジョン・コシンスキー(ヤマハ、スズキ、カジバ、ホンダ)

走りの師匠、ケニー・ロバーツ選手

KING Kenny Robertsケニー・ロバーツ! アメリカンライダー隆盛の原点! キング・ケニーここにあり!

開発の師匠、河崎裕之選手

Hiroyuki Kawasaki YAMAHA YZR500河崎裕之(かわさきひろゆき)さん「ハンドリングのヤマハ」の職人芸!シャケさんは最強の開発ライダー!

ヤマハの偉大な先輩ライダー、平忠彦選手

YZR500_taira21_Marlboro平忠彦(たいらただひこ)は汚れた英雄! イケメンすぎるレジェンドライダー!

同じ年にチャンピオン、藤原儀彦選手

#6 Norihiko Fujihwara KAJIGAYA RC藤原儀彦(ふじわらのりひこ)は全日本GP500ccクラスの3年連続チャンピオン!

 
 

▼▼スポンサーリンク▼▼

BIKE and LIFE トップページへ
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。