フレディー・スペンサー! レジェンドレーサー最速の称号! ファースト・フレディー!!

Freddie_with_HONDA_NS500_1983

フレディー・スペンサー

フレデリック・”フレディ”・バーデッド・スペンサー(Frederick “Freddie” Burdette Spencer, 1961年12月20日 – )

レジェンドライダーというと、真っ先に思い浮かぶレーシングライダーです。

#19 Freddie Spencer HONDA

この人、本気ですごかったんですよね。

伝説のシーズン、ケニー対フレディー

1983年のWGP(ワールドグランプリ)は圧巻。

キングケニー対ファーストフレディー。

世界グランプリにフル参戦後、3年連続で世界チャンピオンに輝いたキング、ケニー・ロバーツ対、若干二十歳にもかかわらず、驚異的なスピードでサーキットを駆け抜けるファースト、フレディー・スペンサー!

世界中を1年間かけて、12戦で争う世界グランプリ。

王者の走り対新世代の申し子の走り。
この2人は最期の最期まで、抜きつ抜かれつ、買ったり負けたり。
熱い闘いは、シーズン最終戦までもつれ込み、ついに決着の時を迎える。

#4 Kenny vs #3 Freddie 1983

彼らの勝負の舞台、GP500クラスっていうのは、オートバイレースの最高峰で最速のクラスだったわけですが、わずか2ポイントの差で世界チャンピオンをたぐり寄せました。

伝説のシーズンは、
ポールポジション6回ずつ。
レース自体も6勝ずつ!!
しかも、この2人以外は誰も勝っていない。

このシーズン、2人だけの別次元の世界選手権だったのかもしれませんね。

フレディー・スペンサーのヘルメットのデザインが好きでねぇ。
カッコいいなと思ったんだよね。


1980年台あたりのヘルメットデザインが、シンプルで分かりやすく、カッコいいと思うんだよねー。。。

 

↓フレディーってこんな人。

Freddie Spencer HONDA NSR500(1984)

>>フレディー・スペンサーとNSR500(動画)

こちらは世界チャンピオンを獲った後、1984年型のHONDA NSR500っていう世界選手権用のレーシングマシーンに跨ってのフレディースペンサーさんの走りです。

サーキットはアメリカのラグナセカ。

カッコよすぎます。。

Wタイトル獲得

1984年、斬新なマシンで戦ったスペンサーでしたが、残念ながら2年連続チャンピオンの夢は途切れます。

そこで「連覇の代わりに、2つ穫れば良いんだろ!?」と、HONDAはスペンサーに2クラス同時挑戦をさせます。

WGP500ccクラスとは別にWGP250ccクラスにもダブルエントリーして、共にフルシーズン参戦するというもの。


そして、フレディーは、その期待に応えて、なんと!本当に両方のチャンピオンを手中にしてしまいます。

それがWGPタイトル獲得というやつです。

WGP W-Champ 500cc & 250cc

フレディー・スペンサーのライディング動画


 

▼▼スポンサーリンク▼▼

>>バイク買取専門店バイク王

>>BIKE and LIFE トップページへ

関連記事

#79 Ai Ogura Moto3 HONDA2019年 MotoGP第14戦アラゴンGPMoto3クラスで小椋藍(おぐらあい)選手が初表彰台!randy_mamola_riding_YAMAHA1986年低身長ライダーを探せ!MotoGPライダー編photo-instagramインスタおすすめアカウントインスタおすすめアカウント!オートバイレーサー編#8 Shinya Takeishi an Team Blue Fox HONDAフレディースペンサーをぶち抜いた男!武石伸也(たけいししんや)が8耐でポールポジション!#24 Hisashi Unemoto Team TAKESHIMA畝本久(うねもとひさし)ベテランライダーの世界GP挑戦!WGP125ccクラスの職人!#5 Niall Mackenzie NSR500ニール・マッケンジー!またの名を新沼謙治!はフライングスコットと言われた世界GPライダー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。