HONDA NS250R の買取査定価格や如何に?公道レーサーの王道!

HONDA_NS250R

NS250R@HONDA

私が最初に買ったバイクNS250Fのフルカウル、バリバリレーサーレプリカバージョンです。

こちらも1980年代のイケイケバイクなわけですが、実は更にイケイケで、兄弟機のNS250Fとはフレームの素材からして違います!

16インチのフロントタイヤ、2ストロークのV 型2気筒エンジン、サイドに1本、横に膨らんだシートカウルからもう1本の排気があって、一度見たら忘れられないデザインってのは変わらずなのですが、

NS250Fが鉄フレームなのに対して、かたやNS 250Rはアルミフレーム!
ホイールもブーメランじゃなくて、当時HRCがレースの世界に投入していたコムスターホイールをおごるなど、別物でした。

しげの秀一さんの漫画「バリバリ伝説」の表紙にもNSが出てきます。(あれはNS400Rだったと記憶しています。NS400R のお話はまた今度…)

HONDA_NS250R

ヤバイのはそのカラーリング。
特に白ロスマンズカラーは希少です。
凄く高く売れる可能性があるので、倉庫に眠っているだけならば、買取業者に連絡を!笑

補足)
そもそもロスマンズカラーってのは、濃いブルーを基調としたタバコブランドのイメージカラー。
1980年台にHONDA Racing のスポンサーとして、あるいはポルシェのレーシングチームのスポンサーとして一世を風靡。
ロスマンズ、マルボロ、ラッキーストライクあたりは、いくら未成年でタバコを吸ったことがなくても、当時の中高生なら知らないものは居ないくらいに有名だった。
特に1980年代の中頃の世界選手権、いわゆるWGP(ワールドグランプリ)では、その出走台数も多く、強い選手達がサーキットを暴れ回ったので、「ロスマンズ艦隊」などという呼ばれ方もした。

「白ロスマンズ」とは元世界チャンピオン、片山敬済(かたやま たかずみ)選手だけが跨った、ホワイトを基調にしたロスマンズカラーやそのマシンを指す。
引退間際、片山選手の最期のマシンはNS500。
レジェンドライダーの最期の愛機と同じカラーリングということでも希少です。

 

▼▼バイクのことなら▼▼






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。