加藤大治郎(かとうだいじろう)は日本人の至宝!MotoGPをもっと観たかった

#74 Daijiro Kato HONDA NSR250

若き天才ライダー! その名は加藤大治郎

加藤 大治郎(かとう だいじろう、1976年7月4日 – 2003年4月20日)は埼玉県出身のレーシングライダー。

愛称は「ダイちゃん」

3歳 ポケバイデビュー。
5歳 ポケバイレースに出場。
サーキット秋ヶ瀬に通って、後のノリック、阿部 典史(あべ のりふみ)らと共に腕を磨く。

11歳 ミニバイクレースに参戦し、連戦連勝。

1992年 16歳にロードレースデビュー。
1993年 九州の名門「Team高武」に加入。
九州選手権で、GP250、GP125、SP250の3クラスに出場。
出場したレースに全て勝利し、全てのチャンピオンとなり、全国的に注目を集める。
ちなみに、関東選手権と鈴鹿選手権にも出場し、勝利している凄い人。

大治郎、高校生時代の話である。
それはつまり、埼玉で生活をしながら、熊本だの鈴鹿だのとレースの度に移動していたということである。
高校をレースが理由で休んだことはないらしい。

Team高武

名門「Team高武」所属のライダーたちが凄い。

先輩)
・柳川明(kawasakiワークスライダー)
・宇川徹(後のWGPライダー)

同年代)
・玉田誠(後のMotoGPライダー)

後輩)
・中冨伸一(後のスーパーバイク世界選手権ライダー)
・清成龍一(同上)

らがいる。

加藤大治郎の戦績 前編(全日本選手権時代)

1994年 2階級特別昇格で国際A級ライセンスを取得!
    全日本ロードレース選手権GP250ccクラスにフル参戦。
    年間ランキング7位(1勝)ホンダRS250R
    鈴鹿8耐 リタイア (辻本聡/チームHRC/ホンダRVF)

1995年 全日本GP250 5位(2勝)ホンダNSR250(型落ち)
    鈴鹿8耐 12位 (テリー・ライマー/NIKKEN Team高武RSC/ホンダRVF)

1996年 全日本GP250 2位(4勝)ホンダNSR250
    世界選手権 日本GP(鈴鹿)にスポット参戦3位表彰台

1997年 ホンダワークス入り(カストロール・ホンダ)
    全日本GP250 チャンピオン(8勝)ホンダNSR250
    世界選手権 日本GP(鈴鹿)にスポット参戦も優勝
    鈴鹿8耐 9位 (武田雄一/チーム国光 with HSC/ホンダRVF)

1998年 全日本GP250 8位(0勝)ホンダNSR250
    世界選手権 日本GP(鈴鹿)にスポット参戦し優勝
    鈴鹿8耐 リタイア(武田雄一/ラッキーストライクHSC/ホンダRVF)

1999年 全日本GP250 2位(4勝)ホンダNSR250
    世界選手権 日本GP(もてぎ)にスポット参戦し5位
    鈴鹿8耐 8位(玉田誠/Team高武と桜井ホンダ/ホンダRVF)

加藤大治郎の戦績 後編(世界選手権時代)

2000年 世界選手権 WGP250cc ランキング3位(4勝/AXOホンダ・グレシーニ/NSR250)
鈴鹿8耐 優勝 (宇川徹/チームキャビンホンダ/ホンダVTR1000SPW)

#74 Daijiro Kato vs #31 Tetsuya Harada

2001年 世界選手権 WGP250ccクラス 世界チャンピオン!
    (11勝/年間最多勝記録/テレフォニカ・モビスター・ホンダ/NSR250
    鈴鹿8耐 4位 (宇川徹/玉田誠/チームキャビンホンダ/VTR1000SPW)


2002年 世界選手権 MotoGPクラス 7位(フォルトゥナ・ホンダ・グレシーニ/NSR500・RC211V)
    鈴鹿8耐 優勝 (コーリン・エドワーズ/チームキャビンホンダ/VTR1000SPW)

2003年 世界選手権 MotoGPクラスにエントリー(テレフォニカ・モビスター・ホンダ/RC211V)
    鈴鹿の開幕戦で決勝レース中にクラッシュ。
    ヘリで病院に緊急搬送されるが後日死去。 

戦績 備考

MotoGP殿堂入りは日本人初、史上16人目。

使用していたゼッケンNo.74は永久欠番になった。

世界選手権での17勝は、原田哲也選手と並び日本人最多勝利数。

また、2001年の世界チャンピオンは、ちょうど前年のWGP500ccから同クラスに戻ってきた先輩ライダー原田哲也選手との一騎打ちで勝ち取った価値の高いものであった。

26歳と、若くして天国へ旅立たれてしまったことが悔やまれます。

V・ロッシが最も恐れたライダー

See you again ! Daijiro Kato

小柄で華奢な身体からは想像もつかないが、とてつもなくライディングが上手い。

あの、バレンティーノ・ロッシを最も恐れさせたライダー。

世界最高峰クラスMotoGPでの年間チャンピオンも期待された天才ライダーです。

関連記事

#31 Tetsuya Harada原田哲也(はらだてつや)はイタリアで一番有名な日本人!? 日本人最強最速! ヤマハ、アプリリア、ホンダ #6 Norick Abe WGP YAMAHA YZR500_2ノリックこと阿部典史(あべのりふみ)は真のレジェンド! V.ロッシが憧れたレーサー! ホンダからヤマハへ 日本人ライダー最速は誰!?日本人ライダー 最速 12選手一挙紹介! MotoGPの前はどうだったの!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。