畝本久(うねもとひさし)ベテランライダーの世界GP挑戦!WGP125ccクラスの職人!

#24 Hisashi Unemoto Team TAKESHIMA

日本の誇るベテランライダーがWGPに風穴を開けた!

畝本久(うねもとひさし1955年10月19日-)

千葉県出身の元世界グランプリライダー。

世界グランプリのGP125ccクラスで活躍したライダーです。

畝本選手のロードレースデビュー

畝本選手のオートバイロードレースデビューは1979年、23歳のときと遅かった。

しかしそんなことは感じさせず、全日本選手権を2度制します!

そして世界選手権である世界グランプリへと旅立っていきます。

View this post on Instagram

#hisashiunemoto

A post shared by Bostele Wolf (@eeriedahmer) on

世界グランプリへの挑戦

チームメイトの高田孝慈とともに、チーム竹島から世界グランプリに挑戦。

ベテランライダーの世界GP挑戦!

クラスはWGP125ccクラスでした!

後に日本人ライダーたちが大挙押し寄せて、世界GPの景色を変えていきますが、その道先案内をした立役者が畝本選手とチームメイトの高田選手だったと言えるでしょう。

畝本久さんのくわえタバコ

アスリートではあるが、くわえタバコが印象的。

マルコ・ルッキネリなど、世界レベルのライダーでも喫煙者は居ます。

ちょっとカッコイイと思えました。

主な戦績

1985年 全日本選手権国際A級 GP125ccクラス 全日本チャンピオン
 
1987年 全日本選手権国際A級 GP125ccクラス 全日本チャンピオン
 
1988年 世界グランプリWGP GP125ccクラス フル参戦
 
1989年 世界グランプリWGP GP125ccクラス 日本GPで2位表彰台 世界ランキング4位
 
1990年 世界グランプリWGP GP125ccクラス 世界ランキング20位
 
1991年 世界グランプリWGP GP125ccクラス 世界ランキング19位

1989年の世界グランプリ、鈴鹿日本グランプリは、優勝者エッチオ・ジアノーラを真ん中に挟むようにして、畝本選手高田選手が表彰台の両側に乗るという景色を見せてくれました。

関連記事

後輩 ノビーこと上田昇

#56 Noboru Ueda WGP125上田 昇(うえだ のぼる)奇跡のデビューウィンから世界のベテランへ!

後輩 世界チャンピオン 坂田和人

Kazuto Sakata WGP125 honda坂田和人(さかたかずと)日本人世界チャンピオン!軽量級のスペシャリスト!

後輩 世界チャンピオン 青木治親

haruchika aoki champ青木治親(あおきはるちか)! 世界チャンピオンからオートレーサーへの転身とその理由!気になる年収は!?

 

▼▼スポンサーリンク▼▼

>>バイク買取専門店バイク王

>>BIKE and LIFE トップページへ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。