ウェイン・レイニーこそがアメリカ人最強ライダー!? ミスター100%!

#1 Wayne Rainey YAMAHA YZR500

ウェイン・レイニー選手は、1990年から3年連続の世界チャンピオンです!

アメリカ人最強ライダー!?

ウェイン・レイニー(Wayne Rainey)選手はカルフォルニア出身のアメリカ人ロードレーサーです。

「Wayne(ウェイン)」のスペルは、Wayne・Gardner選手と同じですが、あちらは「ワイン」と読みます。アメリカとオーストラリアとでは発音が違うようです。

レイニー選手のバイク歴

6歳からバイクに跨る。
少年時代はヤマハのマシンでダートトラックレースで腕を磨く。

#60 Wayne Rainey Kawasaki

1983年、アメリカ国内選手権、AMAスーパーバイクでチャンピオン。(Kawasaki)

1984年、アメリカ・ロードレース界の英雄、ケニー・ロバーツ率いるチームロバーツから世界グランプリ(WGP)の250ccクラスにエントリーして年間総合ランキング8位の成績を残すが、体制の不備などもあり、目立った印象を残す事が出来なかった。

またアメリカに戻り、AMAスーパーバイクシリーズに参戦。

#6 Wayne Rainey HONDA VFR750

1987年、ホンダVFR750で、自身2度目のAMAスーパーバイクチャンピオンになる

1988年、WGP500ccクラスへのフル参戦

1988年、今度は世界最高峰のクラスWGP500ccクラスにエントリー。この時のチームが「チーム・ラッキーストライク・ロバーツ・ヤマハ」。ゼッケンは17番。この年同じく世界フル参戦となったチームメイトのケビン・マギーよりも大きい数字でのエントリーであった。

Team LuckyStrike Roberts YAMAHA(1988)

ここしばらくのホンダとヤマハのタイトル争いを振り返ってみると、大変興味深いことが分かる。

1983年
HONDA フレディー・スペンサーNSR500
2位 YAMAHA ケニー・ロバーツYZR500
1984年
YAMAHA エディー・ローソンYZR500
2位 HONDA フレディー・スペンサーNSR500
1985年
HONDA フレディー・スペンサーNSR500
2位 YAMAHA エディー・ローソンYZR500
1986年
YAMAHA エディー・ローソンYZR500
2位 HONDA ワイン・ガードナーNSR500
1987年
HONDA ワイン・ガードナーNSR500
2位 YAMAHA ランディ・マモラYZR500

これこそがまさにHY戦争である。

そして、前年HONDAにチャンピオンを奪われたヤマハが、なんとか王座を取り返したいシーズンであった。

#17やばい奴がやってきた

1988年のシーズン開幕はラウンド1、鈴鹿グランプリ。

WGP500cc Round1 SuzukaGP Japan

予選、決勝ともに速い!強い!

#17 Wayne Rainey YAMAHA YZR500

決勝レースの主役は、AMA時代からのライバル、ケビン・シュワンツと前年チャンピオンのワイン・ガードナーに譲ったものの、好スタートから着実に6位に入るあたり、末恐ろしいものを感じずには居られなかった。

#17 Wayne Rainey YAMAHA YZR500(1988)

蛇足だが、1988年は4輪のF1グランプリで、アイルトン・セナが総合優勝、チャンピオンを獲った年でもある。

世界王者に向けてのカウントダウン

ロードレースのゼッケンは基本的に、前年のランキング順に番号の使用が認められるので、前年チャンピオンが1番、ランキング2位が2番と、非常にわかりやすい。(※希望で大きな番号を使い続けるレーサーが居るので、一概にランキングとイコールとはいえない場合もあります。例:ケビン・シュワンツの34番やバレンティーノ・ロッシの46番)

1988年は確実にポイントを取り続けて、1勝を含む表彰台7回でランキング3位。

#3 W.Rainey vs #34 K. Schwantz

1989年には早くもエディー・ローソン、ケビン・シュワンツとの優勝争いを行い、ランキング2位。
この年はむしろレイニーが勝つんじゃないかと思いました。2度のリタイヤが悔やまれます。それ以外は3勝を含めて、すべて表彰台でした。

1988年にゼッケン17番で始まったレイニーの車番が、1989年に3番、1990年には2番。
確実にチャンピオンに向けての歩みを進めていき、いよいよチャンピオン獲りか?という状況でした。

チャンピオンへの道

#2 Wayne Rainey YAMAHA YZR500

1990年、ライバルのケビン・シュワンツと争うが、速いシュワンツと強いレイニーは安定的してポイントを重ねていくレイニーに軍配が上がり、初チャンピオンを獲得した。

#1 Rainey vs #2 Doohan

続く1991年、1992年とマイケル・ドゥーハンの台頭などを退け、アメリカ人先輩ライダーで恩師、ケニーロバーツ以来の3年連続チャンピオンに輝いた。

永遠のライバル

レイニーの生涯永遠のライバルはケビン・シュワンツ選手をおいて他には居ないでしょう。

#6 W.Rainey vs #34 K. Schwantz
AMA時代から、世界GP時代と、舞台を変えてもずっとライバル関係が続きました。

Wayne Rainey YAMAHA YZR500(1993)

レース中の事故でその舞台を降りるまでは・・・。

ウェイン・レイニーのヘルメット

WGP参戦時、SHOEIとAGVを使っていましたね。


1993年最期のヘルメット

関連記事

永遠のライバル、ケビン・シュワンツ

#34 Kevin Schwantzケビンシュワンツ! 究極のアメリカンライディングはテキサス・ロデオライディング!

最大の壁、エディー・ローソン

YAMAHA_YZR500_Eddie_Lawson_1988WGP_USAエディローソンは燃える闘魂のオートバイレーサー!? ステディー・エディーは嘘っぱちだった!?

追いついてきたライバル、ミック・ドゥーハン

#1 Mick Doohan WGP500 Champマイケル・ドゥーハン! WGP5連覇の最強ライダーはホンダの絶対的エース!

大先輩で監督、ケニー・ロバーツ

KING Kenny Robertsケニー・ロバーツ! アメリカンライダー隆盛の原点! キング・ケニーここにあり!

弟子、可愛い後輩、ノリック阿部典史

#6 Norick Abe WGP YAMAHA YZR500_2ノリックこと阿部典史(あべのりふみ)は真のレジェンド! V.ロッシが憧れたレーサー! ホンダからヤマハへ

アメリカンレジェンドレーサーたち

アメリカンライダー最速は誰だ!?バイク界のアメリカンライダー 最速 12選手一覧!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。